アレルギー科

アレルギー性皮膚炎

イメージ

アレルギーによる皮膚トラブルは、蕁麻疹(じんましん)、接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎が3大症状と言われています。しかし、アレルゲン(抗原)は、動植物、食品、化粧品、金属、化学薬品、薬など、様々なものが考えられるため、原因が特定できないケースも少なくありません。
アレルギー性皮膚炎の症状は、「軽微」「軽症」「中等症」「重症」と段階的に悪化していきます。皮膚の痒みによって掻いてしまい、それによって悪化していくという悪循環に陥りがちです。

アレルギー性皮膚炎の原因

食べたり呼吸したり、皮膚のバリア機能が弱るなどして、体内にアレルゲンが入ることによって、アレルギー症状が起こります。アレルギー症状は、アレルゲンの数だけあると言ってもよく、その起こり方も多種多様です。

アレルギー性皮膚炎の対処法

アレルゲンを体内に入れない、触れない

「接触皮膚炎」ならば、ウルシやギンナンなどの植物、化粧品、クロムやニッケルなどの金属、洗剤、薬剤などがアレルゲンの代表です。したがって、これらのアレルゲンを体内に入れない、触れないことが何よりも重要です。
原因物質がはっきりしないことも多いので、アレルギーを起こす可能性がある食べ物は極力避けるようにします。また、化粧品などは、上腕の内側など皮膚の柔らかい部分に塗ってみて、腫れや痒み、赤みなどのアレルギーを起こさないかを確認してから使うほうが安心でしょう。

十分な保湿を心掛ける

皮膚には、バリア機能と呼ばれる体の内部を守る機能があります。この機能によって、皮膚の乾燥を抑え、同時に体外からの異物の侵入を防いでいます。このバリア機能が低下すると、皮膚が乾燥し、外界からの刺激を受けやすくなってしまいます。このバリア機能を高めるために重要なのは、肌の保湿です。入浴後、水仕事の後などは、ローションやクリームなどを使って、十分な保湿を行いましょう。

生活習慣を見直して、体質を変えていく

アレルギー症状の緩和に有効だとされるのが、体質改善です。アレルギーの原因としては、様々なものが挙げられていますが、元来は体の防御反応であり、その働きを正常に戻すことが重要とされます。十分な睡眠と規則正しい生活、適度な運動などでストレスを解消するように心掛けましょう。

代表的な疾患と検査

接触皮膚炎(かぶれ)

皮膚に触れたものの刺激や毒性が原因で起こる炎症や湿疹を接触皮膚炎と言います。原因が明らかでない場合は、パッチテスト(原因と思われる物質を皮膚に貼り、反応を見る)を行います。原因物質がわかったら、その物質が含まれるものに接しないようにします。短期的にステロイド外用薬を使用し、痒みが強い場合は抗ヒスタミン薬などを用います。また、接触皮膚炎にはアレルギー性のものもあり、原因物質に繰り返し触れることで湿疹が現れます。アトピーと間違えやすいのですが、複合的な要素が絡んで複雑なアトピーとは違い、原因を特定しその刺激を除きさえすれば、比較的容易に治せます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、痒みのある湿疹が体や四肢に左右対称にできる慢性的な皮膚疾患で、良くなったり悪くなったりを繰り返します。多くの患者さんは、皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)とアトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)を併せもっています。治療では、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏などによる薬物療法、および適切なスキンケアによって、治癒したのも同然の状態を目指していきます。抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などの内服薬を補助的に用いることもあります。薬の使用にあたっては、医師の指示をきちんと守りましょう。

花粉症

スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。関東エリアでは主に2月~4月頃に多く花粉が飛ぶことから、患者さんにとっては憂鬱な季節ではないでしょうか。
当院が花粉症に取り組む理由は、当院がアレルギー対策を専門としていることです。 アレルギーって実は、症状が皮膚に出るか鼻に出るかの違いで、原因はほぼ同じなんです。そして対策はどうやってアレルギー反応をおさえるか、これに尽きます。当院はアレルギー科を標榜しているため、アレルギーのご相談を受けることが日常茶飯事です。そのため、最新のアレルギー対策薬をご用意しておりますし、患者さまとご相談しながら最適な治療法を選択できると考えたのが理由です。

» 花粉症診療についての詳細はこちら

花粉症皮膚炎

花粉症皮膚炎とは、花粉が肌について引きおこる、アレルギー性の皮膚炎です。鼻をかみすぎて、鼻の頭がひび割れて出血する、乾燥で肌がひどくガサガサする、化粧水がしみる。赤み、粉吹き、顔のかゆみ、腫れなどの症状があります。
マスクやサングラス、帽子などを着用し、できるだけ肌の露出を控えることが予防につながりますが、皮脂が少なく乾燥している部分に症状が出やすくなるので、保湿を心がけることも効果的です。ただし、対策はできても、症状が出てしまったらセルフスキンケアだけで治すのは困難。もし肌に異変を感じたら、早めに当院までご相談ください。
スギ花粉などそれぞれのアレルゲンに対する抗体のテストをしたり、内服薬や、ステロイド軟膏などの症状に合った薬を処方いたします。

» 花粉症皮膚炎についての詳細はこちら

「MAST36検査」について

「MAST36検査」とはアレルギー症状を起こしやすい36種類のアレルゲンを1度の採血で検査することができる血液検査のセットです(保険適応)。
たくさんの種類のアレルギー検査をすることで自分でも思ってもみなかったアレルギーの原因が見つかるかも知れません。

具体的な36の検査項目は下記の通りです。

食物

トマト、モモ、キウイ、バナナ、ゴマ、ソバ、小麦、ピーナッツ、大豆、米、マグロサケ、エビ、カニ、ミルク、豚肉、牛肉、鶏肉、オボムコイド、卵白

花粉・アレルゲン

オオアワガエリ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ

環境アレルゲン

コナヒョウヒダニ、ハウスダスト、ネコ皮屑、イヌ皮屑

その他アレルゲン

カンジダ、アルテルナリア、アスペルギルス、ラテックス

アレルギー検査 パッチテスト(貼付試験)

アレルゲンを皮膚に接触させたり、吸収させたりして、それによる反応を調べます。
皮膚に生じた反応を観察して、赤くなったり、腫れたり、小水疱ができたような場合には陽性と判断し、適切な治療を行います。
パッチテストでは、アレルゲンのエキスをパッチテスト用絆創膏に浸み込ませ、それを皮膚に貼り付け、一定時間後にはがして皮膚の状態を観察します。
接触皮膚炎の確定診断に欠かせない検査で、多くの試料について一度に検査できるメリットがあります。薬疹における原因薬物の検査法としても有用です。