できもの

できもの

粉瘤

粉瘤(ふんりゅう)はアテロームとも言い、皮膚の皮が毛穴の奥で袋を作ってしまい、中に老廃物や皮脂が溜まった半球状の腫瘍で、中央部には黒点状の開口部があります。強く圧迫すると、開口部から臭くてドロドロした内容物が排泄されるケースがあります。
耳のまわり、耳たぶ、鼠径部(そけいぶ)、背中などによくできますが、毛穴がある場所なら、どこに生じてもおかしくありません。
いつの間にかできて、自然に小さくなることもありますが、少しずつ大きくなって目立ってくるケースもあります。また、ある時、突然赤くなって腫れ、痛みが出て粉瘤のまわりに急に化膿や炎症を起こすケースもあります。炎症を起こして、はじめて粉瘤に気づいたりもします。
粉瘤が化膿を伴っている場合は、まず化膿の治療を行います。抗生剤の内服を行い、膿が溜まっている時は、局所麻酔をして切開の上、膿を出します。内服薬で症状が治まってくれば、そのまま小さくなるまで様子を見ます。切開排膿後は、消毒は行わず、膿が出なくなるまで、局所の洗浄を続けます。

いぼ

いぼは、皮膚から盛り上がっている小さなできもの全般を指す俗称であり、専門的に言えば、様々な皮膚疾患を含んでいます。ごく普通のいぼは、ウイルス(HPV)感染によるもので、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)と呼ばれます。ウイルスが原因ですから、うつる可能性があります。いぼの治療には、液体窒素を用いた冷凍凝固療法やモノクロロ酢酸(mch)という薬剤を使った治療を行っております。モノクロロ酢酸(mch)塗布による痛みは少なく、個々の患者さんに適した方法が選択されます。

ほくろ

医学的には色素性母斑と呼ばれ、良性の母斑細胞(ほくろ細胞)の集合体です。メラニン色素を含むため、褐色・茶色・黒色などの色をしています。生まれつきあるものと成長の途中で出現してくるものとがあり、また平らなものから隆起したものまで様々です。大きさは直径5ミリ以下であることがほとんどで、それ以上の大きさで、しかも次第に大きくなってくるようならメラノーマ(悪性黒色腫)の可能性も考えられ、要注意です。
悪性の場合もありますので、ご心配な場合、一度ご相談にしらして下さい。ダーマスコープを使い、悪性でないか確認します。

たこ

たこは、足の特定の場所に継続的に圧力がかかって発症します。 たこは皮膚の表面の角質が部分的に肥厚したもので、痛みはありません。