けが・やけど

けが・やけど

けが・やけど(湿潤療法)

創傷(体表の外傷)処置には湿潤療法も取り入れています。傷口を水で洗い流し、保湿剤を塗った後に被覆材で覆う治療です。従来の治療では再生が遅く、消毒液が元気な皮膚までをも傷めていましたが、湿潤治療は傷口から出てくる滲出液を封じ込め、湿った状態で治すため、そうした弊害が少なくて済みます。 治りも速く、より綺麗に皮膚が再生されます。