かゆい

かゆい症状

湿疹

湿疹とは、いわゆるプツプツやザラザラのことで、痒みや赤みを伴うことが少なくありません。原因としては、花粉、細菌、ハウスダスト、薬剤などの外的要因、およびアレルギー、発汗、皮脂の状態、内臓疾患などの内的要因が絡み合って発症すると考えられています。湿疹を繰り返したり慢性化させたりすると、皮膚ががさついたり、湿疹の痕が残ったりすることがありますので、早めに皮膚科を受診しましょう。

かぶれ(接触皮膚炎)

かぶれには、刺激性とアレルギー性の2種類があります。刺激性のかぶれは原因物質と接触してから割と早い時期に発症し、皮膚炎は接触部位に限られます。痒みは強くありません。初めて接触した物質で起こります。アレルギー性のかぶれは痒みが強く、接触部位以外にも皮膚炎が広がります。初めて接触した物質では起こりません。症状が酷かったり、原因が思い当たらなかったりするような場合は、皮膚科を受診しましょう。

蕁麻疹

丸っぽい形をし、少し盛り上がったみみず腫れが数分~24時間以内にできては消退していくような皮膚疾患を蕁麻疹と呼びます。多くは痒みを伴いますが、チクチクとした痛みや、熱く焼けつくような痛みが生じることもあります。蕁麻疹の原因は、飲食物や飲み薬、病原微生物の感染などいろいろです。蕁麻疹の検査にあたっては、皮内反応や血液検査IgE RAST法、血液検査などが行われます。蕁麻疹の治療には、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などを用います。薬を内服すれば、多くの人は数日で症状が治まりますが、医師の指示に従って飲み続け、徐々に減薬していくことが大切です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、慢性的に経過する湿疹(皮膚炎)で、痒みを伴います。その根本には、皮膚の乾燥とバリア機能の異常があり、そこに様々な刺激やアレルギー反応が加わることによって発症すると考えられています。アトピー性皮膚炎は慢性疾患なのですが、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏などによる薬物療法、および適切なスキンケアを行うことによって、できるだけ保湿剤のみでコントロールしていくことを目指して治療していきます。

虫刺され

虫刺されとは、虫に刺されたり、接触したりした箇所に生じる赤みを伴う発疹のことで、痒みや痛みなどの炎症症状がみられます。蚊、ブヨ、アブ、ハチ、ノミ、ダニなど、身近な虫が原因となることが多いため、完全に予防するのは難しいところです。治療は、症状が軽ければ市販の痒み止めでも間に合いますが、痒みや赤みが酷い場合はステロイド薬が必要です。症状が強い場合は、皮膚科を受診しましょう。

水虫(白癬)

水虫は正式には足白癬と呼ばれ、足に起こる白癬のことです。白癬とは皮膚糸状菌(白癬菌)という真菌(カビ)によって生じる感染症で、多くは家庭内の足拭きマットやスリッパなどの共用によってうつります。角層(皮膚の一番外側)に感染した白癬は、抗真菌作用のある塗り薬をつけていれば治りますが、角層が肥厚している角質増殖型と呼ばれるタイプや白癬菌が爪に寄生している場合には、内服薬を用いることもあります。顕微鏡の検査をして診断します。