コレクチム

「コレクチム」について

イメージ

コレクチムは、日本で開発されたアトピー性皮膚炎に対して効果を発揮することが期待される、世界初の非ステロイド性・外用JAK阻害薬です。新たな有効成分含有のアトピー性皮膚炎の外用薬としては、1999年に発売されたプロトピック以来の新薬となります。

細胞内の免疫活性化シグナル伝達に重要な役割を果たすヤヌスキナーゼ(JAK)の働きを阻害し、免疫反応の過剰な活性化を抑制することで、抗炎症作用及び抗そう痒作用によるアトピー性皮膚炎の皮疹に対する改善作用を示しており、52週間反復塗布した長期の安全性も確認されています。
また、ステロイドの維持期に置き換えて使えることで、ステロイドの使用を減らせる可能性があると考えられ、外用薬のため、全身性の作用がなく、副作用の軽減も期待できると考えられています。

アトピー性皮膚炎の治療の新しい選択肢

アトピー性皮膚炎の治療目標は、症状が認められない、あるいは症状があっても軽微であり、かつ日常生活に支障がない状態への導入およびその長期維持です。
このことから、既存のステロイド外用薬やプロトピック等の中心的治療薬だけでなく、アトピー性皮膚炎の病態形成や進展の要因(皮膚バリア機能の低下、炎症、痒み)を抑制できる、寛解導入および寛解維持療法において長期連用可能な薬の開発・承認が求められてきました。
ステロイド外用薬は症状が改善した後の減量が難しい事や、皮膚萎縮や毛細血管拡張などが現れる可能性がある等の副作用があり、プロトピックは使用時にほてり感、ヒリヒリ感、そう痒感などの刺激感を感じる場合がありました。

コレクチムは使用時の刺激感も起こりにくく、副作用が少ないとされており、また前述の通り長期間での安全性も確認されていることからアトピー性皮膚炎の治療の新たな選択肢として期待されています。

適応患者について

  • 16歳以上のアトピー性皮膚炎の方

※現在2歳以上16歳未満の小児への使用についても、申請が進められております。

当院におけるアトピー性皮膚炎の治療の選択肢

当院では、今までの治療法で十分な効果が得られない、15歳以上のアトピー性皮膚炎の方への新しい治療薬としてデュピクセントを導入しております。

» デュピクセントの詳細はこちら