エクロックゲル5%

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

「エクロックゲル5%」について

イメージ

エクロックゲル5%は2020年9月に承認された、保険で処方できる日本初の原発性腋窩多汗症(わき汗)の治療に対する外用薬(塗り薬)です。

原発性腋窩多汗症の治療は、塗り薬として塩化アルミニウムローションや、ボトックス注射などの選択肢もありましたが、塩化アルミニウムローションは保険で処方する事ができない事や、ボトックス注射は治療費が比較的高額である事、注射による痛みなどの問題点がありました。その他、手術治療やプロ・バンサインの内服療法等がありますが、患者さんへの負担や、全身性の副作用が発症する可能性もあり、新たな治療法が生まれる事を期待されていました。

エクロックゲル5%は1日1回、わきに外用を続けるだけで、汗の量の改善が期待でき、なおかつ副作用も重大なものがない事から、多汗症でお悩みの方にとって、新たな選択になり得ると考え、当院での導入を決めました。

原発性腋窩多汗症とは

多汗症には、「全身性多汗症」と「局所多汗症」があり、他の病気に伴って起こる「続発性」と、原因が不明な「原発性」等があります。
原発性腋窩多汗症とは、腋窩(わきの下のくぼんだ箇所)に左右対称性に日常生活に支障を来すほど、多量の汗をかく症状の事を指します。

腋窩多汗症は局所多汗症の中でも頻度が高く、多汗症全体のおよそ半数を占めるとされています。緊張、自律神経の乱れといった精神的な要因や、気候・室温等温度に影響に関わらず、多量の汗が分泌される点が特徴です。
多汗症の原因となるわきの汗は、エクリン汗腺という種類の汗腺において、交感神経からでるアセチルコリンという物質が汗腺を刺激することで、多量の汗が分泌されます。
エクロックゲルはこのアセチルコリンによる刺激をブロックし、過剰に出る汗を止めます。

  • ※画像をクリックすると拡大表示します。

適応患者について

  • 12歳以上の原発性腋窩多汗症の方

※現在12歳未満の小児等を対象とした国内臨床試験は実施されていないため、12歳以上とさせていただきます。