子供によくみられる接触皮膚炎

“かぶれ“とは

イメージ

外的物質の刺激や、外的物質に対するアレルギー反応によっておきる皮膚炎のことで、医学的には「接触皮膚炎」と呼ばれています。原因になる物質が接触した部分の皮膚が赤くなったり、かゆみが出たりすることがあります。ひどい場合は、皮がむけてただれたり、水ぶくれができることもあります。もともと湿疹が出やすいアレルギー体質(アトピー素因といいます)をお持ちのお子様に特に症状が出やすいですが、とくにアレルギー体質のお子様でなくても、接触皮膚炎は起こり得ます。

ちいさなお子さまによくみられる接触皮膚炎

おむつをしている部位にみられる、いわゆる「おむつ皮膚炎」です。うんちやおしっこなどによる刺激で、おしりやお股の皮膚が赤くなったり、皮がむけたりする場合があります。他に特に原因がないのに、ずっと機嫌が悪い場合は、おしりのかゆみが原因になっていることもあります。

治療について

イメージ

症状が強い場合はステロイドの塗り薬や、皮膚の保護作用や撥水作用のある軟膏を塗布し、うんちやおしっこが長時間皮膚に触れないように心がけます。
おむつ皮膚炎の場合は局所を清潔に保つことが大切なので、ぬるま湯やシャワーで優しく洗い、おむつ交換のたびに塗り薬をつけていただきます。時々、おしりやお股の通気性の悪い部分にカンジダ菌というかびが生えることもあり、その場合はかびを抑える塗り薬が必要になるため、治りが良くない場合は接触皮膚炎なのかかびによる症状なのか、医師による診察をしていただくことが望ましいです。


イメージ

おむつ皮膚炎と同様に、赤ちゃんの口の周りが、よだれ、食べ物を拭き取った際の摩擦による刺激などで皮膚炎を起こすことがあり、これは俗に“よだれかぶれ”と呼ばれています。お口の周りの皮膚は薄くデリケートですので、こすらずに濡れたガーゼやタオルなどで優しく汚れを拭き取り、頻繁に保湿クリームやワセリンなどを塗って皮膚を保護するように心がけてください。皮膚の炎症が強い場合は、弱いステロイド軟膏を塗布する場合もあります。


小学生くらいの少し大きいお子様に時々みられる接触皮膚炎

イメージ

金属、植物や動物による接触皮膚炎です。金属による接触皮膚炎では、ニッケルやコバルトなどの合金に含まれる金属による皮膚炎が最も多いです。ズボンの留め金やズボンのバックル、めがねなどの直接皮膚に触れる部分が赤くなったりただれたりすることがあります。親御さまには、これらの金属が直接皮膚に触れることを極力避けるように注意していただき、症状が強い場合はステロイドの塗り薬で治療します。


植物による接触皮膚炎

イメージ

サクラソウやウルシ、銀杏などの植物に屋外で接触することで、アレルギー反応が生じて、皮膚炎を起こすことがあります。これらの植物に触った手で、体の他の部分を触ると、そこにも皮膚炎が起きる場合があります。
アレルギー反応の場合は、接触する回数が増えるたびにだんだん症状が強く出てくることが多いため、原因物質の接触を極力避けるように心がけてください。必要に応じてステロイドの塗り薬や抗アレルギー薬の内服を行います。


動物による皮膚炎

イメージ

春から夏にかけて、椿やサザンカの木に多く生息しているチャドクガの幼虫(毛虫)の毒針毛に触れると、皮膚炎を発症することもあります。毛虫自体には直接接触していなくても、空中を舞っている毒針毛が皮膚に付着すると、チクチクとした痛みとともに赤いブツブツやちいさな水ぶくれができることがあります。こすらずに水でよく洗い流すか、テープで付着した毒針毛を除去して、皮膚炎を抑えるためにステロイドの塗り薬を塗布します。

接触皮膚炎を起こしてしまった場合、かゆみがあるのでついつい掻いてしまいがちですが、皮膚炎がさらに悪化したり、細菌感染をおこして“とびひ”になってしまう可能性があるので、掻かないように心がけて、早めにクリニックを受診されることをお勧めいたします。


治療の際に気を付けること

イメージ

シャワーは可能ですが、入浴して体が温まると、皮膚のかゆみが強くなる場合があるので、長時間の入浴は避けてください。ただれて皮膚がむけてしまっている場合は、入浴やプールは控えていただくことをお勧めします。

市販の塗り薬をつけて様子をみておられる親御さんもいらっしゃいますが、皮膚が炎症をおこしてただれている部分は、塗り薬による“かぶれ”をおこしやすくなっているため、注意が必要です。また、市販されている塗り薬は皮膚炎を抑える効果が強くない場合があるので、治りが悪い場合は医師にご相談ください。

また、一見接触皮膚炎のように見えて、他の原因による皮膚炎や皮膚疾患の場合もあるため、親御さまに判断が難しい場合は、専門家による診察を受けていただくことが望ましいです。