シミ治療薬「シナール(ビタミンC・パントテン酸カルシウム配合剤)」ニキビ・炎症後色素沈着

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

シナールとは?

シナールの画像

シナールは主成分であるアスコルビン酸にパントテン酸カルシウムを配合した内服薬です。アスコルビン酸とはビタミンCのことで、シミの原因となるメラニン色素の産生を抑えたり、メラニン色素の還元を促進することでシミを薄くする働きがあります。またパントテン酸はビタミンB5のことであり、アスコルビン酸の働きを高める作用があるとされています。これら2つの成分を配合することでシミや炎症後色素沈着に対する美白効果が期待できるため、肌が白くなる→しろなる→シナールというように省略されたのが名前の由来といわれています。

シナールの特徴

シナールは、美容医療の分野でよく使用されています。継続的に内服することによってメラニン色素の生成や代謝に働きかけて美白効果を得られるだけでなく、抗酸化作用によって皮膚細胞の老化を防ぐ・コラーゲンの生成を促して肌のハリを保つ・ニキビによる皮膚の炎症を改善するなどの効果も期待できます。この他にも、全身に炎症が生じる病気やがんなどの消耗性疾患・妊産婦・授乳婦等など、ビタミンが不足しがちな時のビタミン補給薬としても用いられています。

シナールの使い方

通常、錠剤では1回1〜3錠、顆粒では1回1〜3g、どちらも1日1〜3回に分けて内服します。年齢や症状により適宜増減しますが基本的にはこの範囲内で調整します。美容目的で用いる場合には、シミの予防薬であるトランサミンと併用されることも多いです。シナールのシミへの効果は即効性はなく、肌のターンオーバーに約1ヶ月を要するため効果が出始めるまでに少なくとも1ヶ月はかかりますし、目に見える肌の変化が現れるまでには3ヶ月間かかるともいわれています。効果には個人差もありますが、3ヶ月服用しても効果を実感できないようであれば他の治療法を検討しましょう。

シナールを服用する上での注意点

副作用に関して

アスコルビン酸もパントテン酸カルシウムも元々体内に存在する物質であり、副作用のリスクは高くありません。ただし、まれに胃の不快感・吐き気・下痢などの消化器症状が現れる場合があります。これは、主成分のアスコルビン酸には下剤と似た作用があるためです。これらの症状が出てくる場合は服用を中止して様子をみてください。シナールは体外へ排泄されるのが早いため、副作用が重篤化したり長く続くことはまれと言われています。万が一症状が長引くようであればご相談ください。

尿検査・便検査に関して

シナールを内服している方の場合、アスコルビン酸の働きによって尿中の糖やビリルビンが検出しにくくなり、糖尿病や肝機能障害などの検査に支障をきたすことがあります。また、尿中や便中の潜血(せんけつ:目には見えないほど少量の血)が検査で検出できなくなり、見逃す可能性があります。シナールを内服中に病院を受診する際は、内服中のお薬として必ず申告してください。

日常生活における注意点

お子さまや妊娠中、授乳中の方の内服に関して

シナールは体に必要なビタミンで構成される薬剤のため、どんな方にもご使用いただけます。特別な決まりではありませんが、お子さまや妊娠中に投与する場合には少なめの量を投与するのが安心かもしれません。

オンライン診療対応可能

当院では初診からオンライン診療に対応しておりご来院いただかなくとも診療が可能です。自宅でのケアがメインとなるため、来院せずに治療ができるとご評価いただいています。当院と同じビル内にあるアスト薬局では、ご自宅までのお薬の無料配送に対応しております。ご希望の方は下記リンクよりお申し込みください。

» オンライン診療の詳細はこちら

シナールの患者さま負担・薬価について

保険診療の場合

以下のケースでは保険が適用されます

  • 消耗性疾患によってビタミンが不足した時
  • 妊娠・出産・授乳によってビタミンが不足した時
  • 炎症後の色素沈着(怪我・やけど・手術後の傷痕など)
シナール配合錠 6.2円/錠
シナール配合顆粒 6.3円/g

健康保険で医療費3割負担の患者さまが1回3錠、1日3回で30日間シナール錠を内服した場合、502.2円の薬剤費となります(薬剤費のみの計算です)。

自費診療の場合

シミの治療などの自費診療の場合、当院でのご提供価格は以下の通りです(薬剤費のみ)。

シナール配合錠 2,200円/30日分(税込み)

 

よくあるご質問

シナールに市販薬はありますか?また市販薬がある場合、効果は処方薬と同じですか?
シナールには市販品がありますが、有効成分の配合量に差があります。処方薬のシナールには1錠もしくは1g中にアスコルビン酸が200mg、パントテン酸カルシウムが3mg含まれます。市販品に含まれる有効成分量は製品ごとに異なりますが、1錠(1g)あたりの配合量は処方薬と比較して少ないのが通常です。ただし1日に内服できる上限量次第では処方薬と同等量の有効成分を摂取できる可能性もあり、その場合は処方薬と同様の効果が期待できます。