いぼ(尋常性疣贅)

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

いぼとは?

「いぼ」にはウイルス性疣贅(ゆうぜい)、老人に多い脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)、首や脇のしたなどにできる軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)という柔らかいできもののことをさします。

このうち、多くはウイルス性疣贅であり、皮膚や粘膜にできますが、疣贅ができる場所により足底疣贅、爪囲疣贅など名前がつけられています。さらに、疣贅の中でも多いタイプをまとめて「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」、そうでないものは「特殊型」という名がつけられています。

この項ではいぼの中で皮膚科受診のきっかけとなることが一番多いウイルス性疣贅について扱います。

いぼの原因

疣贅の原因はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染です。
HPVも色々な型があり、尋常性疣贅はHPV2a/27/57 型の感染で頻度として一番多く、特殊型はヒトパピローマウイルスの中でも別の型が報告されています。

HPVはひとからひとへうつることが主な感染症であり、銭湯やジム、プールといった公共施設で間接的にうつることもあります。

症状や兆候

典型的な疣贅はみためで診断をつけることができます。直径数mmのものから1cmくらいのものまであり、手足を中心として主に四肢に単発または多発してみられるできもの(結節)です。また、徐々に大きくなり、くっついていくものであり、できる場所により名前がつけられています。当院ではスイミングスクールや学校の体育など、はだしの活動によって感染したという訴えが多いです。

足の裏にできるばあいには疣贅が角化し、さらに多発している場合にはくっついて融合することが多いのが特徴です。敷石のような外観になるためモザイク疣贅といわれます。
液体窒素で治療が不十分だったときにはリング状に再発することが多く、ドーナツ疣贅(リング疣贅)とよばれます。HPVは小さな傷から感染することがわかっており、感染すると症状がない状態で長い間にわたって潜伏すると考えられています(潜伏持続感染)。その後、HPVが増えると皮膚の表面に疣贅としてでてくるのです。皮膚の角質が落ちるとそのなかのHPVがまたほかの傷から侵入し、感染することで疣贅の数は徐々に増えていきます。疣贅は一つ一つが大きくなり、多発すると融合していきます。

疣贅ができやすい職種があることもわかっており、精肉や鮮魚の処理にかかわる仕事をしている人は、手の疣贅がおおいといわれています。
常に水を触っていることから皮膚表面が柔らかくなっており、細かい傷もおおいことから手からHPVが感染しやすく、疣贅の発症率が増えてしまうのです。

いぼの診断

疣贅のおおくは見た目で診断をつけることができます。さらに詳しくみるためには、ダーモスコピー検査をおこなうことがあります。ダーモスコピーとはダーモスコープという特殊なルーペのことで病変の構造を詳しく観察することができます。みためや病変の血管の状態なども観察することができ、疣贅と診断するためにとても有用です。

みためでわからない場合には病変の一部をきりとって顕微鏡でみる病理組織学的検査をおこなうこともあります。病理組織をみることでほかの病気であった場合の診断もつけることができ、疣贅だった場合には、HPVの型を推定することもできます。

最終的にダーモスコピー、病理組織学的にも診断がつかない場合には、遺伝子検査をおこないます。PCR法、LAMP法とよばれる方法で遺伝子検査をおこなうことで、かなり高感度でHPVの型まで同定することができます。

いぼの治療

一口にイボといっても、イボの種類・大きさや数などの病状・通院できる頻度・年齢など、どの治療が適しているかは患者さまごとに異なります。そのため当院では、イボの治療を開始する際に、患者さまごとに適した治療法を検討・提案しています。
ここからは、イボに対する代表的な治療法について解説します。

液体窒素を用いた冷凍凝固療法

冷凍凝固療法はマイナス196℃の液体窒素をイボに当てて凍結させる方法です。尋常性疣贅や脂漏性角化症などのイボに対する治療法として最も一般的で、保険も適用されます。治療自体が簡単で何度でも繰り返せるということもあり、全国的に広く用いられています。日本皮膚科学会もウイルス感染によるイボ(尋常性疣贅)への治療方法の一つとしてオススメしている方法です。

液体窒素を患部に当てる際には、綿棒を使う方法、スプレーで当てる方法、鑷子(せっし)(※ピンセットのことです)でつまむ方法などがあります。
それぞれについて詳細を解説します。

冷凍凝固療法:綿棒

実際の治療には、綿棒を使うのが最も一般的です。綿棒にマイナス196℃の液体窒素を染み込ませ、5~30秒ほどイボに当て続けて凍結させます。綿棒を使うメリットは、ピンポイントに小さなイボを狙って治療できることです。イボが大きい場合は綿棒の先端にさらに綿を巻きつけて補強したものを使うこともできます。綿棒を使えばどんな大きさのイボでも治療することが可能です。デメリットは当てる時の痛みが強いことです。小さいお子さまには、あまり向いていない治療方法ともいえます。治療後も液体窒素を当てた部分には数日ほど軽い痛みや腫れが続くことがありますし、ひどいと大きな水ぶくれや血豆ができ、皮膚に色素沈着を起こしてしまうこともあります。

冷凍凝固療法:液体窒素スプレー

液体窒素をスプレーで当てる方法もあります。スプレーだとピンポイントで当てる範囲や強さを調整しづらいというデメリットがありますが、痛みが少なくお子さまでも続けやすいというメリットがあります。

» 液体窒素スプレーの詳細はこちら

冷凍凝固療法:鑷子(せっし)ピンセット

軟性線維腫によく見られるような有茎性(記号のΩのような形)のイボの場合には、鑷子を使う方法も有効です。この方法では、液体窒素につけて冷やした鑷子でイボの茎の部分をつまみ、集中的に冷却します。こうすることで、病変を根元から効率よく取り除くことができます。

冷凍凝固療法のまとめ

凍結によってイボの組織が壊死すると、数日でその部分が水疱化してから徐々にかさぶたになり、最終的に脱落して傷になります。傷が治癒すると正常な皮膚が出てきますが、イボが残っている場合は2~3週間に1回のペースで同様の治療を続けます。

冷凍凝固療法は高い効果が見込めることと、体へのダメージが少ないことがメリットです。強い副作用が出るくらい強く当てた方が、結果としてイボの治りは良い場合が多いです。

治療後は当日から入浴可能で、ばんそうこうやガーゼで保護する必要もありません。数回の凍結療法で治ることが多いですが、足の裏や爪のまわりイボは治りにくいことも多く、数十回の治療を必要とすることも珍しくありません。ただし3ヶ月ほど治療を続けても治りが悪い場合は、別の治療法に切り替えたり、ほかの治療法と併用することも検討します。

いずれの方法でも液体窒素をあてる強さや時間は、イボができている部位・大きさ・厚さ・形状によって微調整をしています。この調整は皮膚科医の腕の見せ所です。

そのほかの治療

疣贅の治療はほかにもさまざまな治療法がいわれており、保険適応のものもあればそうではない治療法もいわれており、また、ひとつの治療法でなく、いくつかの方法を組み合わせておこなうこともあります。患者背景や疣贅のタイプや大きさ、数、発症部位などを考慮したうえで相談しながら治療をおこなっていく必要があると考えています。冷凍凝固療法自体が痛くて続けにくい・改善に乏しい方は、モノクロロ酢酸を選択することができます。お子さまが多い疾患なのでできるだけ痛みや恐怖が少なく治療を続けられることが大事だと考えています。

モノクロロ酢酸を用いた治療

強い酸でイボ組織を腐食させ、壊死させます。痛みが少ないのがメリットです。

» モノクロロ酢酸の詳細はこちら

サリチル酸軟こう塗布による治療

塗り薬でイボをふやけさせ、いずれ取れるのを待つ治療です。

ヨクイニン内服による治療

内服の漢方薬ハトムギの成分であるヨクイニンを服用することで免疫力を高めていぼの改善をはかります。即効性はありませんが、頻繁に通院できない患者さまには向いています。

» ヨクイニンの詳細はこちら

暗示療法による治療

漢方を服用することにより免疫力が上がると治癒することがあります。イボ取り寺が各地にあることからわかるように、信じることで一定の効果があるといえます。
慈恵医大の発表によると暗示療法の治癒率は漢方と同程度だそうです。

» 暗示療法のコラムはこちら

特に乳幼児や小学生などの若年者などには有効であるため少しでも改善に役立てばと考え当院でも取り入れております。(暗示療法は無料です)

予防や注意事項

HPVは細かいきずから感染し疣贅をつくり、皮膚のほかの場所にうつり、徐々に増えていきます。
疣贅をとるのに痛みを伴ったり副作用のある治療法が必要になることもあります。
早めのご相談をおすすめします。

イボの治療まとめ

ウイルス感染によってできるイボ(尋常性疣贅や伝染性軟属腫)は、大抵痛くもかゆくもありませんし、そのまま自然と治ってしまうこともある病気です。病院に行かずに様子を見てしまう患者さまも多いと思います。

しかし放置しているうちにご自身の体の他の部位への感染が広がったり、一個一個のイボが大きくなってしまう場合もあります。さらにはご家族やご友人にうつしてしまう可能性も否定できません。そのため、イボをみつけた場合には早めに医療機関で治療することをオススメしています。

HPVに対する抗ウイルス薬は現時点では存在していません。そのため、いぼを直接とる方法、薬を塗ったり注射することでとかしたり、免疫力に働きかけて疣贅がでないようにする方法がとられています。

加齢によるイボ(脂漏性角化症や軟性線維腫)は感染性がないため放置しても差し支えありませんが、見た目が気になる場合や衣服・タオルなどに引っかかって邪魔な場合には、早めに治療すると良いでしょう。

この様にイボは意外と複雑で、治りにくいこともある病気です。気になるイボがある方はぜひ一度当院までご相談ください。

参考)
尋常性疣贅診療ガイドライン 2019(第 1 版)