乾癬

 日祝
9:00~13:00--
15:30~18:30---

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

乾癬とは?

乾癬とは、皮膚が赤くなり、盛り上がったところにフケのようなカサカサした白いかさぶたができることをいいます。白いかさぶたは古い皮膚の細胞が角化してもりあがっている垢で、ターンオーバーといって皮膚が生まれ変わるまでの時間が通常の皮膚の45日に比べ4~7日間ととても短くなっているのです。
皮膚のどこでもおきる可能性がありますが、髪の生え際や頭皮、ひざや肘など外からの刺激が多い場所に多いといわれます。かゆみで悩むひとも多く、掻いてしまうと乾癬が悪化してしまいます。日本人の300人に1人程度、中年の男性に多いのも特徴です。

乾癬にはいくつかタイプがありますが尋常性乾癬が大半を占め、皮膚の赤い部分に白い角化した垢もりあがる状態です。乾癬がある方のうち2割で爪にはがれる、変形などの異常や関節炎を併発するといわれています。

乾癬の原因

乾癬の原因はわかっていませんが、さまざまな要因が関わっていると考えられています。家系に乾癬がいる人が多いとなりやすいなどの体質、ケガなど物理的な刺激や感染、薬、ストレスも関係しているといわれているのです。もうひとつが免疫の異常で、体を守ってくれるはずの免疫のシステムが暴走することで皮膚の異常を引き起こすといわれています。

乾癬の症状はよくなったり悪くなったりを繰り返しながらも症状はつづきます。ひっかいたりこすったりしたりすることが悪くなるきっかけになりますし、乾燥も大敵です。暴飲暴食や睡眠不足などの生活習慣やストレスで乾癬が悪くなることもあります。

乾癬の診断

乾癬ではアウスピッツ現象が特徴的で分厚くなった垢を無理にはがすと点状に出血します。また、乾癬では病変がでていない皮膚をこする、ケガをするなどすると新しく病変がでるケブネル現象があり、悪化させる要因になります。特徴的な皮膚の病変やアウスピッツ現象やケブネル現象など症状の経過で診断することができるのです。
ほかの病気の可能性を考える場合には病変を顕微鏡でみる病理組織検査や採血検査などを追加していきます。
乾癬関節炎がある場合にはリウマチと区別するのが難しく、関節のレントゲンやエコー検査などもおこないます。

乾癬の治療

乾癬の治療は大きく4つあります。基本となる治療としては活性型ビタミンD3製剤(オキサロール、ドボネックス、ボンアルファハイ等)やステロイドの外用があります。ステロイドは炎症を抑える作用、ビタミンD3は皮膚の新陳代謝をととのえて正常な皮膚にしていく働きがあります。なお最近はビタミンD3製剤とステロイドの合剤(マーデュオックス、ドボベット)が多く使われています。重ね塗りする手間もなく、一日一度でいいので使いやすい薬です。

頭皮の乾癬についてはコムクロシャンプーという商品も2017年7月から発売されており、強いステロイドの成分がはいっています。頭皮につけて15分で洗い流すというシャンプータイプの外用剤で使い勝手もよく、副作用もでにくいとされています。

外用での治療が難しい場合には、レチノイド製剤(チガゾン)、PDE4阻害剤(オテズラ)、免疫抑制剤(ネオーラル)など飲み薬での治療があります。
乾癬は病変がでるときに強い痒みがでることがあり、掻いてしまうことで病変が広くなってしまうためかゆみ止めの薬を一緒に使用していきます。

また、塗り薬や飲み薬で改善がない場合や病変が広がってしまった場合には紫外線による光線療法も一つの選択肢です。夏には症状がよくなる人が多く、紫外線で乾癬がよくなることがわかっているのです。さらに高度な治療として生物学的製剤(コセンティクス、トレムフィア、トルツなど)の注射が使われます。

画像提供:マルホ「乾癬の治療法」

これらの生物学的製剤は日本皮膚科学会の検討委員会による審査を経て理事会で承認されて使用を許可されます。
※当院は日本皮膚科学会が作成する「乾癬生物学的製剤使用承認施設」に掲載されています。

» 日本皮膚科学会「乾癬生物学的製剤使用承認施設」はこちら

乾癬とサイトカイン

乾癬は自己免疫性疾患のひとつだと言われています。自己免疫性疾患とは、もともと細菌やウィルスなど外からの異物の侵入を防ぐ働きのある免疫機能が体内にあるものを間違えて異物と認識して攻撃してしまうために起こる病気です。

乾癬が起こるには、自己免疫反応とその過程で作られるサイトカインが関与します。サイトカインは細胞から細胞へ情報を伝達する働きのあるたんぱく質で、体の免疫反応の際に活躍します。そのため、サイトカインの働きは健康な体を保つために必要です。しかし、何らかの原因で過剰に産生されると炎症を引き起こすようになります。炎症を引き起こすサイトカインのことを「炎症性サイトカイン」よびます。

乾癬では体の免疫システムの異常により炎症性サイトカインが過剰に産生されてしまいます。主なサイトカインとしては、TNF-α、IL-23、IL-17などがあります。
乾癬で起こっている免疫反応について解説します。乾癬の症状が起こっている皮膚には、免疫反応に関与する樹状細胞が多数集まっています。樹状細胞には複数の種類がありますが、その中で乾癬に深く関わっているのはTIP-DCという樹状細胞です。TIP-DCはTNF-αというサイトカインを産生し、TNF-αは炎症を起こす引き金となります。また、TIP-DCはIL(インターロイキン)-23というサイトカインも産生します。IL-23は免疫細胞であるヘルパーT細胞がTh17細胞に変化するようにさせます。Th17細胞は炎症性サイトカインであるIL-17、IL-22を産生します。IL-17やIL-22は皮膚の細胞の炎症や増殖を引き起こすのと同時に、免疫細胞がTNF-αを産生するようにさせて炎症をさらに悪化させます。TNF-αが増えることでTIP-DCがさらに活発に活動するようになり、Th17細胞の増加、炎症性サイトカインの増加が進み、悪循環が繰り返されます。このようにして乾癬の症状が進行します。

2010年以降、乾癬の治療薬として炎症性サイトカインにターゲットを絞った生物学的製剤が次々と開発されてきました。今では10製剤ほどになっています。

商品名一般名承認分類増量可能期間短縮可能
レミケードインフリキシマブ2010年1月承認TNF-α阻害薬
ヒュミラアダリムマブ2010年1月承認TNF-α阻害薬
シムジアセルトリズマブペゴル2019年12月承認TNF-α阻害薬
ステラーラウステキヌマブ2011年1月承認IL12/23阻害薬
トレムフィアグセルクマブ2018年3月承認IL23阻害薬
スキリージリサンキズマブ2019年3月承認IL23阻害薬
イルミアチルドラキズマブ2020年6月承認IL23阻害薬
コセンティクスセクキヌマブ2014年12月承認IL17阻害薬
ルミセフブロダルマブ2016年6月承認IL17阻害薬
トルツイキセキズマブ2016年7月承認IL17阻害薬

すでに他院で導入済みの方にもご対応可能です。当院での維持療法を希望される方は、状況を確認させていただきますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

» コセンティクスの詳細はこちら

» トレムフィアの詳細はこちら

乾癬の予防や注意事項

乾癬は日常生活のなかでの注意点もあります。肌への刺激をへらすためにゆったりとしたデザインの服や綿素材の刺激の少ないものなどをえらぶのがおすすめです。
また、清潔をたもつことも大切といえます。洗うときにはゴシゴシと擦らないように気をつけ、熱いシャワーや長湯でかゆみが増すためぬるめのお湯で入浴してください。お風呂からでたあとは保湿ケア、入浴後速やかに保湿クリームをぬるなどしてください。
乾燥しやすい冬は悪化しやすいため加湿器の併用もいいでしょう。
日が出ている間の散歩もおすすめです。紫外線は免疫の働きを抑える作用があるため、症状の改善につながります。散歩の際には半袖やショートパンツなど肌をみせる服装をしてもいいかもしれません。

注意したいこととして、乾癬は感染しません。感染が乾癬のきっかけになることはありますが、乾癬は皮膚に炎症がおきている状態であり感染症ではないのです。皮膚の見えるところに症状がでることで差別やいじめへつながるケースも少なくありません。本人だけでなく周りのひとも病気への正しい理解をもつことが大切です。