当院のお薬・処置・検査一覧

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

薬剤

アトピー性皮膚炎治療薬「デュピクセント(デュピルマブ)」生物学的製剤

「デュピクセント」(デュピルマブ)の効果について デュピクセントはアトピー性皮膚炎の皮疹やかゆみの原因をブロックする注射薬です。 今までの治療で十分な効果が得られなかった中等症以上のアトピ……

アトピー性皮膚炎治療薬「デュピクセント(デュピルマブ)」生物学的製剤の詳細はこちら

アトピー性皮膚炎治療薬「オルミエント(バリシチニブ)」JAK阻害薬

  オルミエント(バリシチニブ)の効果について オルミエント錠(バリシチニブ)は、1日1回、1錠を服用していただく、アトピー性皮膚炎治療のための飲み薬……

アトピー性皮膚炎治療薬「オルミエント(バリシチニブ)」JAK阻害薬の詳細はこちら

アトピー性皮膚炎治療薬「リンヴォック(ウパダシチニブ)」JAK阻害薬

リンヴォックの概要 リンヴォック錠(ウパダシチニブ)は、1日1回で服用時間の制限がない、アトピー性皮膚炎治療のための飲み薬です。アッヴィ合同会社が製造販売しており関節リウマチ、関節症性乾癬に続く……

アトピー性皮膚炎治療薬「リンヴォック(ウパダシチニブ)」JAK阻害薬の詳細はこちら

アトピー性皮膚炎治療薬「サイバインコ(アブロシチニブ)」JAK阻害薬

サイバインコの概要 サイバインコとは? サイバインコ錠(アブロシチニブ)は、1日1回服用時間の制限がない、アトピー性皮膚炎治療のための飲み薬です。ファイザー株式会社が製造販売しておりアトピ……

アトピー性皮膚炎治療薬「サイバインコ(アブロシチニブ)」JAK阻害薬の詳細はこちら

アトピー性皮膚炎治療薬「コレクチム軟膏(デルゴシチニブ)」JAK阻害薬

  「コレクチム軟膏」について コレクチム軟膏は、日本で開発されたアトピー性皮膚炎に対して効果を発揮することが期待される、世界初の非ステロイド性・外用JAK阻害薬です。新……

アトピー性皮膚炎治療薬「コレクチム軟膏(デルゴシチニブ)」JAK阻害薬の詳細はこちら

アトピー性皮膚炎治療薬「プロトピック軟膏(タクロリムス)」

プロトピック軟膏とは? プロトピック軟膏(有効成分:タクロリムス)は体の過剰な免疫反応をおさえることでアトピー性皮膚炎のかゆみや炎症をおさえます。日本では、1999年にプロトピック軟膏0.1%が……

アトピー性皮膚炎治療薬「プロトピック軟膏(タクロリムス)」の詳細はこちら

アトピー性皮膚炎治療薬「モイゼルト軟膏(ジファミラスト)」PDE4阻害剤

モイゼルト軟膏とは? モイゼルト軟膏(一般名:ジファミラスト)は、外用剤に適した物性を持つ化合物として大塚製薬株式会社により開発されました。日本初となるホスホジエステラーゼ4(PDE4)阻害剤の……

アトピー性皮膚炎治療薬「モイゼルト軟膏(ジファミラスト)」PDE4阻害剤の詳細はこちら

アトピー性皮膚炎治療薬「ミチーガ(ネモリズマブ)」生物学的製剤

ミチーガに関しては最新情報を入手でき次第、更新していきます。 ミチーガとは? ミチーガ皮下注用60mgシリンジ(有効成分:ネモリズマブ)は、アトピー性皮膚炎の「かゆみ」を誘発するサイトカイ……

アトピー性皮膚炎治療薬「ミチーガ(ネモリズマブ)」生物学的製剤の詳細はこちら

ステロイド外用薬一覧

ステロイドとは? ステロイドはホルモンの一種で、人のからだの中、副腎という臓器で作られています。このステロイドホルモンを投与すると炎症を抑える作用があることから、いろいろな病気の治療で使……

ステロイド外用薬一覧の詳細はこちら

ステロイド外用薬「マイザー(ジフルプレドナート)」ベリーストロングクラス

マイザーとは? マイザー(一般名:ジフルプレドナート)はステロイドの外用薬で、血管収縮作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用・肉芽増殖抑制作用など、様々な効能があります。ドイツ語で私の軟膏という意味……

ステロイド外用薬「マイザー(ジフルプレドナート)」ベリーストロングクラスの詳細はこちら

ステロイド外用薬「ロコイド(ヒドロコルチゾン)」ミィディアムクラス

ロコイドとは? ロコイド(一般名:ヒドロコルチゾン酪酸エステル)は、ステロイドの外用薬です。ステロイド外用薬は皮膚から吸収されると皮膚に貯留し、血管を収縮させることによって局所抗炎症作用を示しま……

ステロイド外用薬「ロコイド(ヒドロコルチゾン)」ミィディアムクラスの詳細はこちら

ステロイド内服薬「プレドニン(プレドニゾロン)」

プレドニンとは? プレドニンとは、副腎皮質ステロイド系の薬剤です。副腎皮質ステロイドは体内で作られるホルモンの一種で、体の中の様々なバランスを維持する重要な役割があります。 プレドニンには……

ステロイド内服薬「プレドニン(プレドニゾロン)」の詳細はこちら

ステロイドテープ剤「ドレニゾンテープ(フルドロキシコルチドテープ)」

ドレニゾンテープとは? ドレニゾンテープ(一般名:フルドロキシコルチドテープ)は、主に湿疹の治療に用いられるステロイド外用剤を粘着テープに含ませた貼り薬です。通常の湿疹以外にも、結節性痒疹・……

ステロイドテープ剤「ドレニゾンテープ(フルドロキシコルチドテープ)」の詳細はこちら

頭皮の湿疹・乾癬治療薬「コムクロシャンプー(クロベタゾール)」

頭皮の湿疹・乾癬治療薬「コムクロシャンプー」 乾癬の皮疹が頭皮にある場合、フケが増えやすくなることがあり、患者さまが困りがちな症状の一つです。 頭皮の乾癬に対する従来の治療方法としてはステ……

頭皮の湿疹・乾癬治療薬「コムクロシャンプー(クロベタゾール)」の詳細はこちら

保湿剤「ヒルドイド(ヘパリン類似物質)」

ヒルドイドとヘパリン類似物質 世の中には数多くの保湿剤があり、市販品から処方薬まで多種多様です。処方薬の保湿剤の中では、ヒルドイド(製造販売:マルホ株式会社)が代表的なものの1つです。 保湿剤……

保湿剤「ヒルドイド(ヘパリン類似物質)」の詳細はこちら

保湿剤「プロペト」

プロペトとは? プロペト(一般名:白色ワセリン)とは、石油の成分から分離され炭化水素類の混合物を精製した油脂性の軟膏です。様々な軟膏の基剤として用いられる他、皮膚の保護剤や保湿剤として広く使用されて……

保湿剤「プロペト」の詳細はこちら

非ステロイド系抗炎症薬「アズノール軟膏(ジメチルイソプロピルアズレン)」

アズノール軟膏とは? アズノール軟膏(一般名:ジメチルイソプロピルアズレン軟膏)とは、痛みやかゆみを抑える効果がある塗り薬です。西洋ハーブであるカモミールを水蒸気蒸留することによって得られるアズ……

非ステロイド系抗炎症薬「アズノール軟膏(ジメチルイソプロピルアズレン)」の詳細はこちら

乾癬治療薬「コセンティクス(セクキヌマブ)」生物学的製剤

コセンティクス(セクキヌマブ)とは コセンティクスは「IL-17A」の働きを抑える生物学的製剤として2015年に国内で初めて承認されたお薬です。主に尋常性乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬の治療に用いら……

乾癬治療薬「コセンティクス(セクキヌマブ)」生物学的製剤の詳細はこちら

乾癬治療薬「スキリージ(リサンキズマブ)」生物学的製剤

スキリージ(リサンキズマブ)とは スキリージは生物学的製剤のひとつで、IL(インターロイキン)-23p19という物質の働きを抑えるお薬として2019年に発売されました。主に尋常性乾癬、関節症性乾……

乾癬治療薬「スキリージ(リサンキズマブ)」生物学的製剤の詳細はこちら

乾癬治療薬「トルツ(イキセキズマブ)」生物学的製剤

トルツ(イキセキズマブ)とは? トルツ(一般名:イキセキズマブ)は生物学的製剤のひとつです。過剰に増えたIL(インターロイキン)-17Aという物質の働きを抑えるお薬として2016年に発売されまし……

乾癬治療薬「トルツ(イキセキズマブ)」生物学的製剤の詳細はこちら

乾癬治療薬「ビンゼレックス(ビメキズマブ)」生物学的製剤

ビンゼレックス(ビメキズマブ)とは? ビンゼレックスはIL(インターロイキン)-17を抑える生物学的製剤として2022年1月に国内で承認され4月20日に発売されました。適応症は尋常性乾癬・膿胞性……

乾癬治療薬「ビンゼレックス(ビメキズマブ)」生物学的製剤の詳細はこちら

乾癬治療薬「トレムフィア(グセルクマブ)」生物学的製剤

トレムフィア(グセルクマブ)とは トレムフィアは生物学的製剤のひとつで、IL(インターロイキン)-23p19という物質の働きを抑えるお薬として2018年に発売されました。主に尋常性乾癬、関節症性乾癬……

乾癬治療薬「トレムフィア(グセルクマブ)」生物学的製剤の詳細はこちら

乾癬治療薬「オテズラ(アプレミラスト)」

オテズラ(一般名:アプレミラスト)とは? オテズラはアメリカで2014年に承認された、乾癬の内服治療薬(のみ薬)です。日本でも2017年に承認され、現在では広く用いられています。 そもそも……

乾癬治療薬「オテズラ(アプレミラスト)」の詳細はこちら

乾癬治療薬「ドボベット」軟膏・ゲル・フォーム

ドボベットとは? ドボベットはステロイドのベタメタゾンジプロピオン酸エステル(リンデロン-DP)とビタミンD3のカルシポトリオール(ドボネックス)が混合された合剤で、尋常性乾癬に保険適用がありま……

乾癬治療薬「ドボベット」軟膏・ゲル・フォームの詳細はこちら

乾癬治療薬「マーデュオックス」

マーデュオックス マーデュオックスもドボベットと同様に、ステロイドとビタミンD3を混合した外用薬です。 薬の強さという点ではドボベットと大きな差はありませんが、それぞれ違う薬が配合されています……

乾癬治療薬「マーデュオックス」の詳細はこちら

乾癬治療薬一覧(外用薬)

乾癬治療に用いられる外用薬⑴:ステロイドとビタミンD3 尋常性乾癬(以下、乾癬)には様々な治療方法がありますが、その基本は外用療法(塗り薬での治療)です。そして、乾癬治療に使われる外用薬としてはステ……

乾癬治療薬一覧(外用薬)の詳細はこちら

じんましん治療薬「ゾレア(オマリズマブ)」生物学的製剤

  じんましんのゾレア(オマリズマブ)導入 蕁麻疹(じんましん)について 蕁麻疹(じんましん)が起きる原因はいくつもあります。青魚(サバやアジ)……

じんましん治療薬「ゾレア(オマリズマブ)」生物学的製剤の詳細はこちら

抗アレルギー薬「ビラノア錠(ビラスチン)」

ビラノアとは? ビラノアは、1日1回、1錠を経口で服用するお薬です。 蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そうよう症)に伴う皮膚のかゆみの治療やアレルギー性鼻炎に用いられます。 名称の由来は……

抗アレルギー薬「ビラノア錠(ビラスチン)」の詳細はこちら

抗アレルギー薬「デザレックス(デスロラタジン)」

デザレックスとは? デザレックスは1日1回1錠、経口で服用する第二世代抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)に分類されます。 眠くなりにくく食事の影響を受けにくいので空腹時、食前、食後等の服用タイミ……

抗アレルギー薬「デザレックス(デスロラタジン)」の詳細はこちら

抗アレルギー薬「ルパフィン錠(ルパタジン)」

ルパフィンとは? ルパフィンは、1日1回1錠(10mg)を経口で服用するお薬です。症状に応じて倍量(20mg)投与(1日1回2錠)服用することもできます。 蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、……

抗アレルギー薬「ルパフィン錠(ルパタジン)」の詳細はこちら

抗アレルギー薬「アレグラ(フェキソフェナジン)」

アレグラとは? アレグラ(一般名:フェキソフェナジン塩酸塩)は、かゆみを伴う皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、じんま疹、 皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)やアレルギー性鼻炎などに対して有効な飲み薬です。 ……

抗アレルギー薬「アレグラ(フェキソフェナジン)」の詳細はこちら

抗アレルギー薬「ザイザル(レボセチリジン)」

ザイザルとは? ザイザル(一般名:レボセチリジン)は、湿疹に伴うかゆみ・蕁麻疹・アレルギー性鼻炎など様々なアレルギー症状に対して有効な飲み薬でかゆみなどの原因であるヒスタミンの働きを抑制します。……

抗アレルギー薬「ザイザル(レボセチリジン)」の詳細はこちら

抗ヒスタミン薬「ポララミン(クロルフェニラミン)」

ポララミンとは? ポララミン(一般名:d-クロルフェニラミンマレイン酸塩)は蕁麻疹、血管運動性浮腫、皮膚疾患に伴うかゆみ、アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎、上気道炎に伴うくしゃみ・鼻汁・咳嗽(が……

抗ヒスタミン薬「ポララミン(クロルフェニラミン)」の詳細はこちら

抗アレルギー薬一覧(第二世代抗ヒスタミン薬)

抗ヒスタミン薬はどんな薬? ヒスタミンというのは肥満細胞を主とした体のなかにある物質でなんらかの要因でヒスタミンが活性化します。このヒスタミンが過剰に働くと現れる症状の代表的なものがアレ……

抗アレルギー薬一覧(第二世代抗ヒスタミン薬)の詳細はこちら

花粉症の目薬「アレジオンLX点眼液0.1%」アレルギー性結膜炎治療薬

アレジオンLX点眼液0.1%とは? アレジオンLX点眼液0.1%は、1回1滴1日2回を点眼するお薬で、スギ花粉症やダニなどのアレルギー性結膜炎にお使いいただけます。2013年から販売されているア……

花粉症の目薬「アレジオンLX点眼液0.1%」アレルギー性結膜炎治療薬の詳細はこちら

ニキビ治療薬「ベピオゲル2.5%(過酸化ベンゾイル)」

ベピオゲル(過酸化ベンゾイル)とは? ベピオゲルの成分である過酸化ベンゾイルは、海外では50年以上前から使用されているニキビ治療薬です。過酸化ベンゾイルは薬剤耐性菌の報告がありません。そのため長……

ニキビ治療薬「ベピオゲル2.5%(過酸化ベンゾイル)」の詳細はこちら

ニキビ治療薬「エピデュオゲル」

エピデュオゲルとは? エピデュオゲルは、ベピオゲル(BPO)とディフェリン(アダパレン)の2つの成分を配合したお薬です。 ベピオは、殺菌作用によってニキビの原因菌であるアクネ菌などを殺菌し、ピ……

ニキビ治療薬「エピデュオゲル」の詳細はこちら

ニキビ治療薬「デュアック配合ゲル」

デュアック配合ゲルとは? デュアック配合ゲルはにきび治療薬であり過酸化ベンゾイル(BPO)とクリンダマイシン(ダラシン)の合剤です。抗菌作用、抗炎症作用、角質剥離作用などの複数の作用を有すること……

ニキビ治療薬「デュアック配合ゲル」の詳細はこちら

ニキビ治療薬「ディフェリンゲル0.1%(アダパレン)」

ディフェリンゲルとは? ディフェリンはアダパレンという成分で、レチノイド(ビタミンA誘導体)様作用を有する外用薬です。 ディフェリンゲルは皮膚の角化(皮膚表面をつくる細胞が生まれてから角質にな……

ニキビ治療薬「ディフェリンゲル0.1%(アダパレン)」の詳細はこちら

ニキビ治療薬「ゼビアックスローション2%(オゼノキサシン)」

ゼビアックスとは? ゼビアックス(オゼノキサシン)は外用抗菌薬の一つであり、ダラシン(クリンダマイシン)やアクアチム(ナジフロキサシン)と同じ仲間のお薬です。抗菌薬はいずれも赤ニキビに対して効果……

ニキビ治療薬「ゼビアックスローション2%(オゼノキサシン)」の詳細はこちら

ニキビ治療薬「アクアチム(ナジフロキサシン)軟膏・クリーム・ローション」

アクアチムとは? アクアチム(一般名:ナジフロキサシン)は、ニューキノロン系と呼ばれる抗菌薬の外用剤です。塗ることで皮膚表面の細菌が増殖するのを妨げ、殺菌する効果があります。皮膚感染症の原因菌で……

ニキビ治療薬「アクアチム(ナジフロキサシン)軟膏・クリーム・ローション」の詳細はこちら

ニキビ治療薬「ダラシンT(クリンダマイシン)ゲル・ローション」

ダラシンTとは? ダラシンT(一般名:クリンダマイシンリン酸エステル)とは、リンコマイシン系抗生物質の外用薬です。ブドウ球菌やアクネ菌などの感染によって化膿しているニキビ、いわゆる赤ニキビの炎症……

ニキビ治療薬「ダラシンT(クリンダマイシン)ゲル・ローション」の詳細はこちら

ニキビ漢方薬「十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)」

十味敗毒湯とは? 十味敗毒湯は、日本で初めて麻酔手術を行った外科医である華岡青洲(はなおかせいしゅう)が、中国の明時代にあった「荊防敗毒散(ケイボウハイドクサン)」という処方をもとに作成した漢方薬で……

ニキビ漢方薬「十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)」の詳細はこちら

ニキビ漢方薬「荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)」

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)とは? 荊芥連翹湯は漢方薬の一種です。漢方薬は、植物・動物・鉱物などの薬効となる部分を取り出した生薬(しょうやく)を組み合わることでできています。荊芥連翹湯には、……

ニキビ漢方薬「荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)」の詳細はこちら

抗菌薬「ビブラマイシン(ドキシサイクリン)」テトラサイクリン系

ビブラマイシンとは? ビブラマイシン(一般名:ドキシサイクリン塩酸塩水和物)とは、グラム陽性菌・グラム陰性菌をはじめクラミジア属の細菌に対しても幅広く抗菌作用を発揮するテトラサイクリン系の抗生物……

抗菌薬「ビブラマイシン(ドキシサイクリン)」テトラサイクリン系の詳細はこちら

抗菌薬「ミノマイシン(ミノサイクリン)」テトラサイクリン系

ミノマイシンとは? ミノマイシン(一般名:ミノサイクリン塩酸塩)は、細菌のタンパク質の合成を抑制して増殖を抑える抗菌薬です。また抗菌作用だけではなく、白血球遊走抑制作用、活性酸素抑制作用などもあ……

抗菌薬「ミノマイシン(ミノサイクリン)」テトラサイクリン系の詳細はこちら

抗菌薬「クラリス(クラリスロマイシン)」マクロライド系

クラリスとは? クラリス(一般名:クラリスロマイシン)とはマクロライド系の抗生物質です。従来のマクロライド系抗生物質であるエリスロマイシンを改良してできたものであり、ニューマクロライドともいわれ……

抗菌薬「クラリス(クラリスロマイシン)」マクロライド系の詳細はこちら

抗菌薬「フロモックス(セフカペンピボキシル)」セフェム系

フロモックスとは? フロモックス(一般名:セフカペンピボキシル塩酸塩水和物)とは、セフェム系に分類される抗生物質の一つです。抗生物質とは簡単にいえば感染症の原因になる細菌を退治してくれる薬です。……

抗菌薬「フロモックス(セフカペンピボキシル)」セフェム系の詳細はこちら

整腸剤「ミヤBM」

ミヤBMとは? ミヤBMとは、酪酸菌(別名、宮入菌:Clostridium butyricum MIYAIRI)を主成分とする整腸剤です。整腸剤は腸内の環境を改善することで、おなかの症状を改善す……

整腸剤「ミヤBM」の詳細はこちら

外用抗菌薬「ゲンタシン軟膏(ゲンタマイシン)」アミノグリコシド系

ゲンタシン軟膏とは? ゲンタシン軟膏(一般名:ゲンタマイシン)は、表在性皮膚感染症の治療において古くから使われている、アミノグリコシド系の抗生物質です。抗生物質とは細菌による感染症を治療する……

外用抗菌薬「ゲンタシン軟膏(ゲンタマイシン)」アミノグリコシド系の詳細はこちら

爪白癬治療薬「クレナフィン(エフィナコナゾール)」

クレナフィンとは? 2014年に科研製薬株式会社から発売された日本初の爪白癬(爪水虫)専用の外用薬で、安全かつ外用で有効性が期待できる新たな治療薬です。名称の由来は、爪白癬に罹患した爪を清浄(C……

爪白癬治療薬「クレナフィン(エフィナコナゾール)」の詳細はこちら

爪白癬治療薬「ルコナック(ルリコナゾール)」

ルコナックとは? ルコナックは爪の表面から浸透し、爪の中やその下の皮膚に感染した白癬菌を殺菌するお薬です。爪全体にお薬を塗って使います。先端部分が従来のプッシュ型から、薬液の量を調節しやすいマー……

爪白癬治療薬「ルコナック(ルリコナゾール)」の詳細はこちら

爪白癬治療薬「ネイリン(ホスラブコナゾール)」

ネイリンとは? 商品名 ネイリン 一般名 ホスラブコナゾール 剤型 カプセル 適応菌種 皮膚糸状菌(トリコフィトン属) 保険適用 爪……

爪白癬治療薬「ネイリン(ホスラブコナゾール)」の詳細はこちら

爪白癬治療薬「イトリゾール(イトラコナゾール)」

イトリゾールの概要 商品名 イトリゾール(先発品)、イトラコナゾール(後発品) 一般名 イトラコナゾール 剤型 先発品はカプセル・内用液、後発品は錠剤・カプ……

爪白癬治療薬「イトリゾール(イトラコナゾール)」の詳細はこちら

爪白癬治療薬「ラミシール(テルビナフィン)」

ラミシールの概要 商品名 ラミシール(先発品)、テルビナフィン(後発品) 一般名 テルビナフィン塩酸塩(以下、テルビナフィン) 剤型 錠剤 適応菌……

爪白癬治療薬「ラミシール(テルビナフィン)」の詳細はこちら

抗真菌薬(外用薬)

抗真菌薬(外用薬)の分類 抗真菌作用を持つ外用薬は「イミダゾール系」と「非イミダゾール系」に分けると理解しやすいです。 まずイミダゾール系は最も種類が豊富な抗真菌薬で、作られた年代によって特徴……

抗真菌薬(外用薬)の詳細はこちら

抗真菌薬(内服薬)

抗真菌薬(内服薬)の種類 現在国内で真菌感染症に用いられている主な抗真菌内服薬は以下の3剤です。 ネイリン(ホスラブコナゾール) ラミシール(テルビナフィン) イトリゾール(イ……

抗真菌薬(内服薬)の詳細はこちら

多汗症治療薬「エクロック®ゲル5%(オンライン診療対応・初診可)」

「エクロック®ゲル5%」について エクロックゲル5%は2020年9月に承認された、保険で処方できる日本初の原発性腋窩多汗症(わき汗)の治療に対する外用薬(塗り薬)です。 原発性腋窩多汗症の治療……

多汗症治療薬「エクロック®ゲル5%(オンライン診療対応・初診可)」の詳細はこちら

多汗症治療薬「ラピフォートワイプ2.5%(グリコピロニウムトシル)」ワキ汗

ラピフォートワイプとは? ラピフォートワイプ2.5%(有効成分:グリコピロニウムトシル酸塩水和物)は、ワイプ型の塗り薬で原発性腋窩多汗症の発汗を抑制します。1回使いきりのワイプ製剤で、簡便かつ衛……

多汗症治療薬「ラピフォートワイプ2.5%(グリコピロニウムトシル)」ワキ汗の詳細はこちら

多汗症治療薬「プロバンサイン(プロパンテリン臭化物)」

プロバンサインとは? プロバンサイン(一般名:プロパンテリン臭化物)は神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを妨げる薬で、抗コリン薬とも言われています。アセチルコリンの働きが亢進する類の病気に対……

多汗症治療薬「プロバンサイン(プロパンテリン臭化物)」の詳細はこちら

舌下免疫療法「シダキュア」スギ花粉症治療薬

スギ花粉症治療薬「シダキュア」とは? シダキュアは、スギ花粉を原料とするエキスを含んだ錠剤で、エキスの含有量が異なる2種類があります。 投与する期間に応じて飲み分け、徐々に……

舌下免疫療法「シダキュア」スギ花粉症治療薬の詳細はこちら

舌下免疫療法「ミティキュア」ダニアレルギー治療薬

ミティキュアとは? ミティキュアはハウスダストの原因であるダニのアレルゲン免疫療法(減感作療法)のお薬です。ダニを原料とするエキスから作られており、少量から服用することによって体を慣らし、ダニに……

舌下免疫療法「ミティキュア」ダニアレルギー治療薬の詳細はこちら

帯状疱疹治療薬「アメナリーフ(アメナメビル)」

アメナリーフとは? アメナリーフ錠(アメナメビル)は、バルトレックス錠やファムビル錠などのこれまでの抗ヘルペスウィルス薬とは異なる新しい作用機序のお薬です。適応症は帯状疱疹です。 水痘・帯状疱……

帯状疱疹治療薬「アメナリーフ(アメナメビル)」の詳細はこちら

単純ヘルペス治療薬「ファムビル(ファムシクロビル)」PIT

単純ヘルペスとは 単純ヘルペスの症状 単純ヘルペスウイルスに感染すると、皮膚や粘膜などにブツブツや水ぶくれが出来ます。体の至るところに感染するのですが、特に口腔内、口唇、眼の角膜、性器、手……

単純ヘルペス治療薬「ファムビル(ファムシクロビル)」PITの詳細はこちら

尖圭コンジローマ治療薬「ベセルナクリーム(イミキモド)」

ベセルナクリームとは? ベセルナクリーム(一般名:イミキモド)は尖圭(せんけい)コンジローマの治療薬として開発されました。尖圭コンジローマとはウイルス性の感染症で、カリフラワーのような形の小……

尖圭コンジローマ治療薬「ベセルナクリーム(イミキモド)」の詳細はこちら

いぼ治療薬「薏苡仁(ヨクイニン)」

薏苡仁(ヨクイニン)とは? 薏苡仁(ヨクイニン)はイネ科に属するハトムギの種皮を除いた成熟種子を乾燥した生薬です。生薬とは自然に存在する植物・動物・鉱物などで薬として使用されるものをいいます。薏……

いぼ治療薬「薏苡仁(ヨクイニン)」の詳細はこちら

解熱鎮痛薬「カロナール(アセトアミノフェン)」

カロナールとは? カロナール(一般名:アセトアミノフェン)は解熱(げねつ)作用と鎮痛(ちんつう)作用をあわせもつ飲み薬です。 世界保健機構(WHO)の必須医薬品モデルリストにも掲載されてお……

解熱鎮痛薬「カロナール(アセトアミノフェン)」の詳細はこちら

解熱鎮痛薬「ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)」

ロキソニンとは? ロキソニン(一般名:ロキソプロフェンナトリウム水和物)は非ステロイド系抗炎症薬(NSAID:エヌセイド)の一種であり、鎮痛・抗炎症・解熱などの作用を有する飲み薬です。体内で炎症……

解熱鎮痛薬「ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)」の詳細はこちら

処置

ニキビ治療法「ケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴール)」

ケミカルピーリングとは 皮膚に酸を塗ることで皮膚の角質層~表皮上層部を剥がれやすくし、蓄積された古い角質層を除去することで新陳代謝が促進されて、きめ細かなハリのある皮膚を取り戻します。 ……

ニキビ治療法「ケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴール)」の詳細はこちら

イボ治療薬「モノクロロ酢酸(MCA)」

モノクロロ酢酸(MCA)とは? モノクロロ酢酸とは強い酸性を持つ化学物質で、モノクロロ酢酸溶液をいぼに塗ることでいぼの組織を腐食・壊死させ、取り除くことができます。 日本皮膚科学会が発表してい……

イボ治療薬「モノクロロ酢酸(MCA)」の詳細はこちら

イボ治療法「液体窒素スプレー」

液体窒素スプレーによるいぼ治療 いぼの治療方法として液体窒素を用いる冷凍凝固療法というものがあります。液体窒素を使うといぼが凍結され、いぼを引き起こしているできものを低温で壊死させるというやり方……

イボ治療法「液体窒素スプレー」の詳細はこちら

PRP療法(注射)

PRP療法の概要 再生美容療法であるPRP(Platelet Rich Plasma/自己多血小板血漿)療法は、ご本人の血液から遠心分離して血漿を取り出して濃縮、高濃度の血小板が入った血漿をつくって……

PRP療法(注射)の詳細はこちら

赤色LED治療「N-LED」アデランス

赤色LED治療の概要 赤色LED治療とは? 赤色LEDを頭皮に照射して発育を促す治療法です。「男性型および女性型脱毛症ガイドライン2017年版」によれば、男性型および女性型脱毛症に対する推奨度は『……

赤色LED治療「N-LED」アデランスの詳細はこちら

ヘアフィラー(ペプチド注射)

ヘアフィラーの概要 ヘアフィラーとは、ペプチド成分およびペプチドたんぱく質を頭皮に注入することで、発毛の促進と抜け毛の抑制などの効果を発揮する毛髪再生医療のひとつです。白髪の抑制にも有効性が認められ……

ヘアフィラー(ペプチド注射)の詳細はこちら

湿潤療法「ハイドロコロイド製剤」

ハイドロコロイド製剤とは 薬局で市販されている「キズパワーパッド」や「ハイドロコロイドパッド」。これらは「ハイドロコロイド製剤(創傷被覆材)」と言い、傷口の上に貼って使います。 ハイドロコロイ……

湿潤療法「ハイドロコロイド製剤」の詳細はこちら

巻き爪治療「マチワイヤ・巻き爪マイスター」

巻き爪矯正治療について 当院では、テーピングをし、爪を伸ばして化膿しないような状態にして頂いても痛みがあった場合の矯正法として、マチワイヤや巻き爪マイスターの施術を行っております。 治療法につ……

巻き爪治療「マチワイヤ・巻き爪マイスター」の詳細はこちら

検査

アトピー性皮膚炎のTARC検査について

TARC検査とは? TARC (Thymus and Activation-Regulated Chemokine) は、アトピー性皮膚炎の炎症の程度が数値でわかる血液検査で、「タルク」「ターク」と……

アトピー性皮膚炎のTARC検査についての詳細はこちら

新型コロナ抗体検査「SARS-CoV-2 IgG II Quant(アボット社)」

新型コロナワクチンの接種は進みましたがワクチン接種から時間が経過すると抗体価が減少することがわかっています。当院では抗体価検査を導入し、ご希望の方の抗体量を測定することで適切な感染予防のお手伝いができ……

新型コロナ抗体検査「SARS-CoV-2 IgG II Quant(アボット社)」の詳細はこちら

アレルギー検査・血液検査

アレルギー検査とは アレルギー検査の目的は、アレルギー反応を起こす原因となる物質(アレルゲン)を特定することです。アレルギーとは、本来は体に悪影響をおよぼすことのない物質に対して免疫機能が過剰反応し……

アレルギー検査・血液検査の詳細はこちら