漢方薬17「五苓散(ゴレイサン)」

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

FacebookTwitterLine

※クリックで読みたい箇所へ移動します。

五苓散とは

五苓散の画像

五苓散は頭痛やめまい、下痢など多くの症状を改善する漢方薬です。出典は傷寒論(ショウカンロン)、金匱要略(キンキヨウリャク)であり、中国の古典医学書です。

五苓散の「五」は本方の構成生薬が5種類であることを意味し、そのうちの主薬である猪苓の「苓」の字と合わせて処方名としたのが由来です。

オンライン診療対応可能

当院では、初診からオンライン診療にて漢方薬の処方を行っております。通院なしで薬剤をお送りすることが可能です(送料無料)。アプリのインストールは不要で、システム利用料も徴収しておりません。よろしければご利用ください。

下記のいずれかのボタンからお申込みください。

» オンライン診療の詳細はこちら

五苓散の特徴

五苓散は以下の生薬が含まれます。

  • 猪苓(チョレイ)
  • 沢瀉(タクシャ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 蒼朮(ソウジュツ)
  • 桂皮(ケイヒ)

五苓散の対象患者さまについて

水滞(水毒)を改善する代表的な処方です。むくみ、頭痛、めまい、下痢などに使用されます。
頭痛に関しては気圧の変化に伴い起こるような場合に使用されます。また、二日酔いなどにも使用されるなど使用範囲が広い漢方薬です。
効能効果としては口渇、尿量減少する方の浮腫、ネフローゼ、二日酔、急性胃腸カタル、下痢、悪心、嘔吐、めまい、胃内停水、頭痛、尿毒症、暑気あたり、糖尿病です。

※水滞(水毒):水分代謝がうまくいかずに、体のあちこちに偏在(へんざい)している状態であり様々な症状(めまい、下痢、頭痛、下痢など)を引き起こします。
(使用目標=証)
口渇ならびに尿利減少を主目標として用いる。
1)浮腫、悪心、嘔吐、頭痛、めまいなどの症状を伴う場合。
2)心窩部に振水音を認める場合。

五苓散の患者さま負担・薬価について

医療用とされている五苓散としては「ツムラ五苓散エキス顆粒(医療用)」が有名です。1日薬価は103.50円で1包(2.5g)あたり円34.5です。1日3包で30日分処方された場合、3割負担の患者さまでは931.5円の薬剤費となります(薬剤費のみの計算です)

よくあるご質問

ほかにどんな漢方薬がありますか?

漢方薬には多くの種類があり、国内で医療用として承認されたものは148処方あります。詳細はこちらのページをご覧ください。

» 漢方薬の詳細はこちら

五苓散はドラッグストアで売っていますか?

第2類医薬品としてツムラからドラッグストアで販売されています。生薬含有量が約半分のため、効果もマイルドです。

 

FacebookTwitterLine