ステロイド外用薬「ネリゾナ(吉草酸ジフルコルトロン)」ベリーストロングクラス

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

ネリゾナとは?

ネリゾナ(一般名:吉草酸ジフルコルトロン)は、消炎作用のあるステロイド外用剤です。炎症にともなう浮腫・滲出液・肉芽増殖などをおさえる効果があり、皮膚の赤みや腫れ、かゆみなどの症状をやわらげます。
ステロイド外用薬は強さにより5段階に分類されますが、ネリゾナの強さは上から2番目のベリーストロングクラスです。同じ強さのステロイド外用薬としては、マイザー(ジフルプレドナート)やフルメタ(モメタゾンフランカルボン酸エステル)、アンテベート(ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル)などがあります。

ネリゾナの特徴

ネリゾナは軟膏・ユニバーサルクリーム・クリーム・ソリューションの4つの剤型があり、疾患の種類や皮疹の状態、部位、季節に応じた使い分けができるようになっています。
皮膚に塗布した際の展延性(のび)が最も良いのはソリューションです。クリームは展延性・使用感ともよく、ユニバーサルクリームはクリームに比べてのびの良さは多少劣りますが、ひんやりとした塗り心地です。軟膏はべたつきがありますが、刺激が少ないため掻き傷などがある部位にも使えます。なお、べたつき度は「軟膏>ユニバーサルクリーム>クリーム>ソリューション」の順に高くなります。
もっとも、正しく使用すればいずれの剤型でも効果に違いはありません。

ネリゾナの使い方

ネリゾナは、比較的症状の重い湿疹・皮膚炎群、乾癬、掌蹠膿疱症、痒疹群、紅皮症などの治療に用いられます。使用回数は1日1~3回、症状に応じて適量を患部に塗布します。
剤型は使用感や展延性を考慮して選んでいきますが、軟膏は刺激が少ないため浸潤傾向のある部位にも使用できます。ユニバーサルクリームは軟膏とクリームの中間的な性質で、多少の浸潤面にも使用可能です。クリームは使用感がよいですが軟膏に比べて刺激があるため、浸出液やびらん、潰瘍のある部位には適しません。ソリューションはのびがよくて清涼感があることから、毛の生えている部位や広範囲に塗布する際に好まれますが、エタノールが含まれているため掻き傷などがあると刺激を感じることがあります。

ネリゾナを外用する上の注意点

ネリゾナを塗ってはいけない例

以下の場合はネリゾナの外用を避けなければなりません。該当する事項がある場合は必ず医師にその旨を伝え、指示を仰ぎましょう。

  • 皮膚結核・梅毒性皮膚疾患・単純疱疹・水痘・帯状疱疹・種痘疹など、皮膚の感染症に罹患している場合(症状を悪化させるおそれがあります)
  • ネリゾナに対してアレルギー歴がある場合(重篤なアレルギー症状があらわれるおそれがあります)
  • 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎がある場合(鼓膜の自然修復を阻害するおそれがあります)
  • 潰瘍(べーチェット病以外)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷がある場合(上皮形成が阻害されるおそれがあります)

ただし、長期連用中に上記に該当する疾患にかかったり症状があらわれたりした場合は、自己判断で薬の使用を中止せずに医師の診察を受けてください。急に薬の使用をやめると、ステロイドでおさえられていた症状が悪化するおそれがあります。
顔や陰部への外用について

ネリゾナは、顔や陰部などにはあまり使用しません。これらの部位は皮膚が薄くて薬剤の吸収率が高く、副作用が発現しやすいためです。医師から使用に関する指示が特にない限り、自己判断で顔や陰部に使用するのはやめましょう。

副作用のニキビについて

ネリゾナを長期連用すると、薬を塗布した部分にニキビが多発することがあります。頻度としては0.1~1%未満ですが、治療部位にニキビができやすくなったと感じる場合は医師にご相談ください。なお、副作用で増えたニキビは、治療が終われば徐々に減ってきます。

まぶたへの使用・長期にわたる広範囲の使用について

ネリゾナをまぶたに使用したり、長期間にわたって広い範囲に使用したりすると、頭痛・目のかすみ・目の痛み・まぶしさなどの副作用が生じることがあります。眼圧亢進や緑内障、後嚢白内障などの副作用も報告されているため、気になる症状がある場合はすぐに医師の診察を受けてください。

日常生活における注意点

他の治療薬との併用に関して

病気の治療で内服薬を服用している場合でも、ネリゾナを使用することに問題はありません。ただし、他のステロイド外用薬を使用している場合は過剰投与になるおそれがあります。使い分けが必要な場合もあるため、必ず医師に併用薬を伝えてください。

特定の患者さまの使用に関して

妊娠中または授乳中の方、お子さま、ご高齢の方の場合

医師の指導のもと、少量を短期間使う場合であれば特に問題はないとされています。ただし、催奇形性や発達障害、副作用などのリスクがないわけではありません。使用の際は医師の指示に従い、自己判断で使用量を増やしたり長期間使用したりすることがないようにしてください。

ネリゾナの患者負担・薬価について

軟膏・ユニバーサルクリーム・クリームの薬価はいずれも21.0円/gです。ソリューションの薬価は21.0円/mLです。各剤型の薬剤費は以下のとおりになります。

剤型 薬価
軟膏 5g/本:105円 10g/本:210円 30g/本:630円
ユニバーサルクリーム 5g/本:105円 10g/本:210円 30g/本:630円
クリーム 5g/本:105円 10g/本:210円
ソリューション 10mL/本:210円

実際に患者さまにご負担いただくのは、保険割合に応じた金額になります。例えば、三割負担の患者さまがネリゾナユニバーサルクリーム10g/1本を処方された場合、ご負担金額は63.0円です(薬剤費のみの計算です)

よくあるご質問

処方されたネリゾナを家族にあげてもいいですか?
ネリゾナに限らず、処方薬を他人に譲渡するのは避けてください。特にネリゾナは、ステロイド外用薬のなかでも比較的効果の強いクラスのものです。適切に使用しないと思わぬ副作用が生じるおそれがあります。処方された本人以外が薬を使用することがないように気を付けてください。
ネリゾナと同じ成分の市販薬はありますか?
ネリゾナは市販されていません。ネリゾナと同じクラス(ベリーストロング)のほかのステロイド外用薬も、ドラッグストアなどでは購入できません。市販されているステロイド外用薬は、上から3番目のクラス(ストロングクラス)が最も強いものになります。ネリゾナと同等の効果は期待できないため、ご注意ください。なお、ステロイド外用薬は強さが急に変わると症状が再燃することがあります。そのため、「薬が足りない」「受診するのが面倒」などの理由で安易に市販薬を使用するのはおすすめできません。
薬が足りない場合は早めに医療機関を受診し、症状に応じた適切な薬をお使いください。
ネリゾナはベリーストロングクラスだから塗る量が少なくてもよく効くのですか?
ステロイド外用薬は塗布する量が少ないと治療効果が得られず、症状が長引いてしまいます。
軟膏やクリームであれば指の関節一つ分の量、ソリューションならば1円玉くらいの量で手のひら2枚分の範囲に塗布できるので、これを目安に使用量を決めてください。塗ってみて多少べたつきが残るくらいが適量です。
塗り忘れた場合はどうすればいいのですか?
塗り忘れた場合は、気が付いたときに塗布すれば大丈夫です。ただし、次の塗る時間が近い場合は忘れた分は塗らず、次に塗る時間になってから塗ってください。なお、塗る量は1回分のみです。2回分を塗る必要はありません。