ステロイド・抗生物質「リンデロンVG(ベタメタゾン・ゲンタマイシン)」軟膏・クリーム・ローション

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

FacebookTwitterLine

※クリックで読みたい箇所へ移動します。

リンデロンVG軟膏とは?

リンデロンVG軟膏の写真

リンデロンVG(一般名:ベタメタゾン吉草酸エステル・ゲンタマイシン硫酸塩)は、抗炎症作用のあるステロイドとアミノグリコシド系抗生物質を配合した外用薬です。抗生物質を含むため、通常は細菌感染をともなう場合、あるいはそのおそれのある湿疹や皮膚炎、乾癬などの治療に用いられます。
名称の「リンデロン」は、Nebennierenrinde(副腎皮質)の語尾部分の「rinde」+RON(語尾調整)に由来し、「V」は吉草酸エステル(Valerate)の「V」、「G」はゲンタマイシン(Gentamicin)の「G」に由来します。
ステロイドと抗生物質の配合外用薬は、他にベトネベートN(ベタメタゾン吉草酸エステル+フラジオマイシン硫酸塩)、フルコートF(フルオシノロンアセトニド+フラジオマイシン硫酸塩)などがあります。
なお、ステロイド外用薬は作用の強さで5つのクラスに分類されますが、リンデロンVGの成分であるベタメタゾン吉草酸エステルの強さは、上から3番目のストロングクラスです。

リンデロンVGの特徴・使い方

リンデロンVGには軟膏・クリーム・ローションの3つの剤型があり、皮膚の状態や部位などに応じて使い分けができます。ただし、いずれの剤型も症状が改善したら速やかに使用を中止し、抗生物質を含有しない薬剤に切り替える必要があります。

リンデロンVG軟膏・クリーム

リンデロンVGクリームの写真

リンデロンVG軟膏・リンデロンVGクリームは、湿潤やびらん、結痂をともなうか、二次感染を併発している湿疹・皮膚炎群、乾癬、掌蹠膿疱症、外傷・熱傷および手術創などに使用されます。適応菌種は、ゲンタマイシン感性菌です。
使用回数は通常1日1~数回で、症状に応じて適宜増減します。

リンデロンVGローション

リンデロンVGローションの写真

リンデロンVGローションは軟膏やクリームに比べて伸びが良く、頭部など毛量の多い部分にも使いやすいのが特徴です。しかし、アルコールを含むことから傷のある部分には不向きで、外傷や熱傷、手術創には使用できません。
適応となっているのは、湿潤やびらん、結痂をともなうか、二次感染を併発している湿疹・皮膚炎群、乾癬、掌蹠膿疱症などです。適応菌種は、ゲンタマイシン感性菌です。
なお、使用回数は通常1日1~数回で、症状に応じて適宜増減します。

リンデロンVGを外用する上の注意点

リンデロンVGを塗ってはいけない例

以下の場合はリンデロンVGを外用してはいけません。該当する事項がある場合は、必ずご相談ください。

  • ゲンタマイシン耐性菌や非感性菌による皮膚感染がある場合(皮膚感染が増悪するおそれがあります。)
  • 真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症や疥癬、けじらみなどの動物性皮膚疾患に罹患している場合(これらの疾患が増悪するおそれがあります。)
  • リンデロンVGの成分に対してアレルギー歴がある場合(重篤なアレルギー症状があらわれるおそれがあります。)
  • 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎(穿孔部位の治癒の遅延や感染のおそれがあります。)
  • 潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷(皮膚の再生が抑制され、治癒が遅延するおそれがあります。)
  • アミノグリコシド系抗生物質(ストレプトマイシン、カナマイシン、ゲンタマイシン、フラジオマイシンなど)またはバシトラシンに対しアレルギー歴がある場合(重篤なアレルギー症状があらわれるおそれがあります。)

リンデロンVGの漫然使用のリスクについて

リンデロンVGを大量または長期間にわたり広範囲に使用すると、ステロイドを内服した場合と同様の副作用があらわれることがあります。また、リンデロンVGには抗生物質(ゲンタマイシン)が含まれているため、漫然と使用すると耐性菌が発現するおそれがあります。さらに、長期連用でゲンタマイシンの副作用である腎障害や難聴が生じることもあります。
思わぬ副作用を避けるため、リンデロンVGを使用する際には指示された期間をきちんと守り、自己判断で使用範囲を広げないようにしましょう。

顔や陰部への外用について

顔や陰部は、体のほかの部分に比べてステロイドの吸収率が良く、長期にわたり大量に使い続けると副作用が発生しやすくなります。特にまぶたへの使用は眼圧の亢進や緑内障を起こすことがあるため、頭痛や目のかすみ、目の痛み、まぶしいなどの症状があらわれたら速やかに受診してください。

リンデロンVGによる副作用のニキビについて

リンデロンVGを使用すると、薬を外用した部分にニキビが多発することがあります。しかしながら、ニキビができることをおそれて使用量を減らすと、治療効果が十分に得られなくなります。
もし、リンデロンVGの使用でニキビが増えたと感じる場合は、診察時にご相談ください。

日常生活における注意点

他の治療薬との併用に関して

病気の治療で内服薬を服用している場合でも、リンデロンVGの使用に問題はありません。ただし、他のステロイド外用薬を使用している場合は過剰投与になるおそれがあります。使い分けが必要な場合もあるため、必ず併用薬をお伝えください。

特定の患者さまの使用に関して

妊娠中または授乳中の方、お子さま、ご高齢の方への使用に関して
医師の指導に従い、少量のリンデロンVGを短期間使う限りにおいては特に問題はないとされています。ただし、催奇形性や発育障害、副作用などのリスクがないわけではありません。大量・長期・広範囲の使用はできるだけ避けるようにしましょう。

リンデロンVGの患者負担・薬価について

リンデロンVG軟膏・リンデロンVGクリームの薬価は27.7円/gです。ローションの薬価は27.7円/mLです。各剤型の薬剤費は以下のとおりになります。

剤型 薬価1回の投与量
軟膏 5g/本:138.5円 10g/本:277円
クリーム 5g/本:138.5円 10g/本:277円 30g/本:831円
ローション 10mL/本:277円

なお、患者さまにご負担いただくのは保険割合に応じた金額になります。例えば、三割負担の患者さまがリンデロンVG軟膏10g/1本を処方された場合、ご負担金額は83.1円です(薬剤費のみの計算です)。

よくあるご質問

リンデロンVGと同じ成分の市販薬はありますか?

リンデロンVGと同じ成分の市販薬はありませんが、リンデロンVGと同じようにストロングクラスのステロイドと抗生物質を配合した外用薬は販売されています。
ただし、市販薬ではリンデロンVGと同等の効果は得られないおそれがありますので、ご注意ください。

リンデロンVの代わりにリンデロンVGを塗ってもいいですか。リンデロンVGの代わりにリンデロンVを塗ってもいいですか。

リンデロンVとリンデロンVGは、いずれもベタメタゾン吉草酸エステルを含む外用薬ですが、リンデロンVには抗生物質が含まれていません。そのため、リンデロンVは細菌感染症による炎症には基本的に使用できません。一方、リンデロンVGは細菌感染症による炎症に使用できますが、症状が落ち着いてきたら抗生物質を含まないタイプへの切り替えが必要とされています。
このように、リンデロンV・リンデロンVGは使い方が異なるため、相互に代用することはできません。もっとも、細菌感染症の有無は見た目での判断が難しい場合があります。また、どちらも使用できない疾患もあります。使用の可否について迷ったら、ご相談ください。

塗り忘れた場合はどうすればいいの?

塗り忘れた場合は、気が付いたタイミングで塗布すれば大丈夫です。ただし、次の塗る時間が近い場合は忘れた1回分は塗らず、次に塗る時間になってから塗ってください。
なお、塗る量は1回分のみです。塗り忘れ分をあわせて2回分塗る必要はありません。

水虫にリンデロンVGは効きますか。

水虫は細菌感染症ではなく、抗生物質では治療できない真菌感染症です。リンデロンVGをはじめ、ステロイドを含む外用薬を真菌感染症に使用するとかえって症状が悪化することがあるため、水虫には使用しないでください。
なお、水虫には専用の治療薬があります。お悩みの場合は診察時にご相談ください。

リンデロンVGはやけどに効きますか?

リンデロンVGは、ジュクジュクやびらん、結痂(滲出液や膿などが固まってかさぶたができるまでの状態)をともなうやけどや、感染をともなうやけどに適応があります。
ただし、皮膚の状態が良くなり感染のリスクが低くなった場合、あるいは感染が改善した場合は、抗生剤を含まないタイプの薬に切り替えていきます。

リンデロンVGはヘルペスに効果はありますか?

ヘルペスは、ウイルス感染症の一種です。
しかし、リンデロンVおよびリンデロンVGはウイルス感染症に適応がなく、効果も期待できません。
誤って使用するとかえって症状が悪化するおそれがあるため、ヘルペスが疑われる場合は絶対に使用しないでください。

リンデロンとゲンタシンの違いは何ですか?

リンデロンはステロイドで、ゲンタシンは抗生剤です。
ステロイドの一種であるリンデロンには抗炎症作用があるため、皮膚の炎症にともなう赤みや腫れ、かゆみなどの改善に使用されます。しかし、免疫力を抑える作用もあるため、感染のある部位には原則として使用できません。
ゲンタシンは抗生物質の一種なので、細菌感染症の改善に使用されます。しかし、抗炎症作用はありません。
なお、リンデロンVGには、リンデロンとゲンタシンがともに配合されています。リンデロンVGはステロイドの作用と抗生剤の作用を併せ持つため、感染のある部位にも使用できます。

 

FacebookTwitterLine