たこ

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

たことは?

たこ(胼胝:べんち)は、皮膚の同じ箇所が長期にわたって刺激を受け続けることで、皮膚の角質が厚く硬くなってできる症状です。圧迫してもあまり痛みを感じることはなく、赤みやかゆみを伴うことも少ないです。角質肥硬を起こしているので、その部位の触覚が鈍感になっていることがあります。

通常、たこは足の裏・足の指・くるぶしに多くできるものですが、ペンだこや座りだこ、乳幼児の吸いだこなどのように、本人の癖や生活習慣、仕事内容などによってできる体の部位や形状・大きさなどが異なります。慢性的な刺激を受けることが発症の要因なので、全身のどこにでもできる可能性があります。


画像提供:大正製薬「うおのめ(鶏眼)・たこ(胼胝)の症状

たこは角質肥厚のほかは無症状であることが大半ですが、もし痛みなどがある場合は、細菌感染や潰瘍(特に糖尿病患者に多く見られます)といった別の症状を引き起こしている可能性が考えられますので、早めに皮膚科を受診してください。

なお、ウオノメ(鶏眼:けいがん)も、たこと同様に皮膚の角質が増殖して硬くなる症状ですが、たこは表面から外部に向かって厚く盛り上がってできるのに対し、ウオノメは皮膚の奥のほうへ向かって深く入り込んでいきます。ウオノメは通常は足の裏にでき、角質柱と呼ばれる芯が中央に存在し、圧迫すると強い痛みを伴うことが特徴です。

たこの原因

たこは、皮膚に慢性的な外部刺激を受け続けることで、角質が硬く厚くなってできます。たこができる原因は、体の部位によってさまざまです。

足の指や足の裏にできるたこは、サイズや形の合わない靴、ヒールが高いため足指のつけね付近に大きく負担をかける靴、底が薄い・固い靴などを履いていることが要因になりやすいです。また、歩き方の癖・立ち方の癖によっても体重がかかる箇所がかたよるので、色々な箇所にたこができる場合があります。

また、仕事や学業のためペンを長時間握る人は「ペンだこ」、テニスなどをする人は「ラケットだこ」というように、手指にもできやすいです。

赤ちゃん~幼児期の子どもは、母乳やミルクを飲むときに唇を口の中に入れ込んでしまうことがあり、その刺激で唇にできる「吸いだこ」もあります。

たこの診断

たこの診断は病変の外観によって臨床的に行われます。たこは痛みやかゆみもあまりないので、そのままにしていても問題がないのですが、ウイルス性のいぼ等と外観が似ているので、ご相談いただき、正確な診断を行うことをおすすめします。もしいぼだった場合は、液体窒素を用いた冷凍療法が必要になります。

たこは角質部分を削り取ると、通常のやわらかい半透明の皮膚が出てきます。

たこの治療

たこの治療は「サリチル酸ワセリンの外用薬の使用」「角化部位を削る」「刺激を受けなくなるようなバイオメカニクス的治療・指導」などが中心となります。

サリチル酸ワセリンの外用薬の使用

サリチル酸は、細胞同士を接着している蛋白デスモグレインを溶かす作用があり、硬くなった角質を柔らかくする効果があります。サリチル酸が主成分のワセリンや軟膏(スピール膏)などを患部に塗布することで除去しやすくなります。肌に長時間固定できる便利なシールタイプもあります。

サリチル酸を含む外用薬は、まわりの皮膚にも影響してしまうので、患部そのものよりも少し小さいサイズで塗る・貼ることが肝心です。

角化部位を削る

角質を柔らかくしたあと、ハサミやメス、やすりなどを使って取り除きます。入浴して柔らかくなった肌に対して軽石を使うことなども効果的です。

刺激を受けなくなるようなバイオメカニクス的治療・指導

上記のような方法でたこを治療しても、長期にわたって外部刺激を受ける・体重がかかる生活習慣を続けていれば再発してしまうかもしれません。根本的な予防および治療として生体力学的(バイオメカニクス)な矯正を行うことも重要です。

靴のインソール(中敷き)やパッド、コットン、気泡ゴムといった保護用グッズの調整により体重や圧力を分散させることができ、たこ防止効果が期待できます。また、日頃のウォーキングフォームに気を遣う必要もあります。

その他の治療

末梢循環に関する疾病や、糖尿病を合併している場合は、足専門医による定期的な健診とケアが必要となります。糖尿病の方は専門クリニックでの診療と指導も受けて、足の状態について相談してみてください。

たこの予防や注意事項

たこは再発性の高い症状ですが、生活習慣を改善することで予防することができます。

足に合わない靴を無理にはかないこと、ただしどうしても履く必要がある場合は、インソールやパッドを用いて足を圧迫する箇所を保護し、体重を分散させるようにしましょう。保護パッドは市販品としてもありますが、どの位置をカバーするのが良いかは靴の専門家による判断が大事になる場合もあります。

歩き方も、たとえば体重が小指側にかかっている、膝が曲がっている、O脚・X脚であるなどがたこの要因になります。たこのでき方によって体のゆがみも明らかになるため、正しいフォームを身につけることをおすすめします。