抗アレルギー薬「ビラノア錠(ビラスチン)」

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

ビラノアとは?

ビラノアの写真

ビラノアは、1日1回、1錠を経口で服用するお薬です。
蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そうよう症)に伴う皮膚のかゆみの治療やアレルギー性鼻炎に用いられます。
名称の由来はビラノア錠の一般名であるビラスチンより、Bilastine Non AllergyからBila no aと命名されました。

ビラノアOD錠20mg発売について

2020年12月10日にビラノアOD錠20mgが発売されました。当院でも取り扱っております。味はライム風味です。
ODとは『Oral disintegration』のことで『口腔内崩壊錠』を意味します。水なしでも口の中でさっと溶けて服用できるのがメリットです。もちろん水と一緒に服用することも可能で、効果は通常の錠剤と同等です。
発売に当たり口腔内崩壊時間を評価していますが、口の中でとけるのにかかる時間は平均で11.35秒となっています。水なしで服用できる抗アレルギー薬の選択肢はいかがでしょうか。

ビラノアの特徴

アレルギーの発症には、ヒスタミンという体内物質が関与しています。このお薬はヒスタミンの受容体をブロックし、その働きをおさえることで アレルギー症状を緩和します。
ビラノアは1日1回服用で、すぐ効果があらわれ1日をとおして効果があります。皮膚科領域では、蕁麻疹に有効性が高く、基本的治療薬として位置付けられます。アトピー性皮膚炎では、かゆみの軽減が期待できます。花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎、ダニやハウスダストで起こる通年性アレルギー性鼻炎などにも有効です。

ビラノアの薬理作用について

抗原の刺激でアレルギー反応がはじまると、免疫系の細胞(肥満細胞)からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。ヒスタミンは神経受容体のひとつ‘H1受容体’と結合、その刺激によりさまざまなアレルギー症状が誘発されるのです。この薬はH1受容体に先に結合し、ヒスタミンの結合を遮断することにより、抗アレルギー作用を発揮します。一般的には抗ヒスタミン薬、専門的にはヒスタミンH1受容体拮抗薬と呼ばれています。
ビラノア錠は広く抗アレルギー薬に分類される第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1受容体拮抗薬)です。第2世代の特徴は、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、抗コリン作用などよけいな作用が減弱されている点です。このため、第1世代に多い口の渇きや排尿障害などの副作用がほとんどみられません。

花粉症に対する効果について

臨床試験によるとスギ花粉による鼻症状に対しては、薬を投与して45分後には症状を改善し24時間にわたって効果が持続しました。なお改善した鼻症状としては鼻汁、くしゃみ、鼻閉(鼻詰まり)、鼻内そう痒(鼻のかゆみ)がありました。

ビラノアの眠気について

非鎮静性のお薬で脂溶性が低く脳に入りにくいため、眠気の副作用もほとんどないとされます。実際、国内外臨床試験における傾眠の発現率と程度は、プラセボとほとんど変わりませんでした。また、路上での自動車運転能力を評価した海外試験で、運転能力の低下は認められませんでした。このため車の運転をふくめ機械の操作など眠気に関する制限事項がありません。

ビラノアの使用方法について

通常1日1回1錠を経口で服用します。食事の前後は避け空腹時に使用してください。空腹時の目安は食事の1時間以上前、または食後2時間以上あととお考え下さい。
飲み忘れた場合は、気がついた時に出来るだけ早く1回分を飲んでください。ただし、次の通常飲む時間が近い場合は1回とばして、次の通常の服用時間に1回分飲んでください。2回分を一度に飲まないようにしてください。

飲み合わせ・食べ合わせについて

抗生物質のエリスロシン(エリスロマイシン)、心臓病や高血圧の治療に用いるヘルベッサー(ジルチアゼム)などに注意が必要です。併用により、ビラノアの血中濃度が上昇する可能性があります。

食事の影響について

食後(高脂肪食:ビックマック3個分)に本剤を服用したところ、空腹時に比べてCmaxが約60%低下し、AUCが約40%低下したとされています。そのため、「空腹時」に服用する必要があります。
具体的には、食事の1時間前から食後2時間までの間は服用を避けます。就寝前の服用がおすすめします。日中の症状に対応するには、起床時に服用し1時間以上あけてから朝食をとるようにするとよいです。

オンライン診療対応可能

当院では初診からオンライン診療に対応しておりご来院いただかなくとも処方が可能です。診察をご希望の方は下記リンクよりお申し込みください。

» オンライン診療の詳細はこちら

ビラノアの副作用について

副作用として、眠気、口渇、頭痛、発疹、かゆみ、血管性浮腫、多形紅斑などが報告されています。このような症状があった場合はご相談ください。

特定の背景を持つ患者さまへの使用について

小児への投与

ビラノア錠は成人(15歳以上)のみの適応となっており、小児は適応外となります。

妊婦・授乳婦への投与

妊娠中の服用に関する安全性は確立していないため妊婦、又は妊娠している可能性のある場合はビラノアの使用をお控えください。授乳中の服用は、動物実験(ラット)で乳汁への移行が報告されたことから、ビラノアの使用をお控えいただきますようお願いします。