漢方薬14「半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)」

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

FacebookTwitterLine

※クリックで読みたい箇所へ移動します。

半夏瀉心湯とは

半夏瀉心湯の画像

半夏瀉心湯は口内炎や下痢、胃炎などを改善する漢方薬の1つです。出典は中国の医学書である金匱要略(キンキヨウリャク)、傷寒論(ショウカンロン)です。

名称の由来は7種類の生薬からなり、半夏を主薬とする事と、瀉心といわれる心窩部(みぞおち)が塞がった(ふさがった)ような感じを取り除く薬効を有することから名付けられました。
口内炎に対する半夏瀉心湯の基礎研究では抗炎症作用、鎮痛、抗菌、組織修復作用、フリーラジカル消去能の作用が報告されています。

オンライン診療対応可能

当院では、初診からオンライン診療にて漢方薬の処方を行っております。通院なしで薬剤をお送りすることが可能です(送料無料)。アプリのインストールは不要で、システム利用料も徴収しておりません。よろしければご利用ください。

下記のいずれかのボタンからお申込みください。

» オンライン診療の詳細はこちら

半夏瀉心湯の特徴

半夏瀉心湯は以下の生薬が含まれます。

  • 黄連(オウレン)
  • 黄芩(オウゴン)
  • 人参(ニンジン)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 乾姜(カンキョウ)
  • 半夏(ハンゲ)

半夏瀉心湯の対象患者さまについて

口内炎や下痢、胃炎、胸やけなど幅広い症状を改善する漢方薬です。効能効果はみぞおちがつかえ、ときに悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便または下痢の傾向のある方の口内炎、急・慢性胃腸カタル、醗酵性下痢、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、二日酔、げっぷ、胸やけ、神経症です。

口内炎で半夏瀉心湯を使用する場合には、症状のある口の中に含んでしばらくたってから、飲みこむように添付文書に記載されています。

(使用目標=証)
体力中等度の人で、心窩部の膨満感、腹中雷鳴があり、悪心、嘔吐、下痢などを訴える場合に用います。 1)食欲不振、軽度の上腹部痛などを伴う場合。 2)不安・不眠などの精神神経症状を伴う場合。

半夏瀉心湯の使い方

成人の場合、1日合計7.5gを2~3回に分割して食前もしくは食間に、水またはぬるま湯と一緒に内服します。なお容量は年齢・体重・症状により適宜増減します。また万が一飲み忘れてしまった場合は気がついた時点で内服して下さい。ただし次に飲む時間が近い場合は1回飛ばして次の分から再開しましょう。

半夏瀉心湯を服用する上での注意点

副作用として間質性肺炎、偽アルドステロン症、ミオパチー、肝機能障害、黄疸、過敏症(発疹、蕁麻疹)が報告されています。服用していつもと体調が違うようでしたら服用を中止し、医師へ相談してください。

また、小児に対する安全性は確立していないと添付文書では記載されています。用量については医師の指示に従ってください。

半夏瀉心湯の患者さま負担・薬価について

医療用としては「ツムラ半夏瀉心湯エキス顆粒(医療用)」が有名です。1日薬価は168.75円で1包(2.5g)あたり56.25円です。1日3包で30日分処方された場合、3割負担の患者さまでは1518.75円の薬剤費となります(薬剤費のみの計算です)

よくあるご質問

柴胡加竜骨牡蛎湯はドラッグストアで売っていますか?

ドラッグストアでも販売されています。ただし医療用医薬品と一般用医薬品では用法用量が異なります。これは安全性をより高めるために服用量を調整しているためです。

ほかにどんな漢方薬がありますか?

漢方薬には多くの種類があり、国内で医療用として承認されたものは148処方あります。詳細はこちらのページをご覧ください。

» 漢方薬の詳細はこちら

 

FacebookTwitterLine