漢方薬11「柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ」

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

FacebookTwitterLine

※クリックで読みたい箇所へ移動します。

柴胡桂枝乾姜湯とは

柴胡桂枝乾姜湯の画像

柴胡桂枝乾姜湯は更年期障害、神経症、不眠症などの患者さんに使用されます。出典は金匱要略(きんきようりゃく)、傷寒論(しょうかんろん)です。

名称の由来は小柴胡湯という漢方から人参、半夏、生姜、大棗(たいそう)を取り除き、括楼根(かろこん)、牡蛎(ぼれい)、桂枝、乾姜を加えた処方で、この意味合いを簡略化して処方名としたものです。

オンライン診療対応可能

当院では、初診からオンライン診療にて漢方薬の処方を行っております。通院なしで薬剤をお送りすることが可能です(送料無料)。アプリのインストールは不要で、システム利用料も徴収しておりません。よろしければご利用ください。

下記のいずれかのボタンからお申込みください。

» オンライン診療の詳細はこちら

柴胡桂枝乾姜湯の特徴

柴胡桂枝乾姜湯は以下の生薬が含まれます。

  • 柴胡(サイコ)
  • 括楼根(カロコン)
  • 黄芩(オウゴン)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 牡蛎(ボレイ)
  • 乾姜(カンキョウ)

柴胡桂枝乾姜湯の対象患者さまについて

体力が弱く、冷え症、貧血気味で、動悸、息切れがあり、神経過敏の方の更年期障害、※1 血の道症(ちのみちしょう)、神経症、不眠症で使用される漢方薬です。構成生薬は神経を安らかにする牡蛎(ボレイ)や※2 肝の失調を整える柴胡(サイコ)と黄芩(オウゴン)、温めながら気を全身に巡らせる桂皮(ケイヒ)などが配合されています。

※1 血の道症:月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことを指します。
※2 肝の失調:感情や自律神経を調節する機能と考えられており、それらの不調のことを指します。

使用目標は以下の通りです。
(使用目標=証)
比較的体力の低下した人で、顔色がすぐれず、疲労倦怠感があり、動悸、息切れ、不眠などの精神神経症状を伴う場合に用いる。
1)心窩部より季肋下部にかけての軽度の苦満感(胸脇苦満※1)を訴える場合。
2)悪寒、微熱、盗汗、口渇などを伴う場合。
※1 胸脇苦満:心窩部から季肋部にかけて苦満感を訴え、抵抗・圧痛の認められる症状のこと。

柴胡桂枝乾姜湯の使い方

成人の場合、1日合計7.5gを2~3回に分割して食前もしくは食間に、水またはぬるま湯と一緒に内服します。なお用量は年齢・体重・症状により適宜増減します。また万が一飲み忘れてしまった場合は気がついた時点で内服して下さい。ただし次に飲む時間が近い場合は1回飛ばして次の分から再開しましょう。

柴胡桂枝乾姜湯を服用する上での注意点

副作用として間質性肺炎、肝機能障害、黄疸、偽アルドステロン症、ミオパチー、過敏症(発疹、発赤、掻痒)が報告されています。服用していつもと体調が違うようでしたら服用を中止し、医師へ相談してください。また、使用経験が少ないため、小児に対する安全性は確立していないと添付文書では記載されています。用量については医師の指示に従ってください。

柴胡桂枝乾姜湯の患者さま負担・薬価について

医療用とされている柴胡桂枝乾姜湯としては「ツムラ柴胡桂枝乾姜湯エキス顆粒(医療用)」が有名です。1日薬価は213.00円で1包(2.5g)あたり71円です。1日3包で30日分処方された場合、3割負担の患者さまでは1917円の薬剤費となります。(薬剤費のみの計算です)

よくあるご質問

柴胡桂枝乾姜湯はドラッグストアで売っていますか?

薬局でも販売されており、クラシエなどから販売されています。詳しくは各販売店舗にお問い合わせください。

ほかにどんな漢方薬がありますか?

漢方薬には多くの種類があり、国内で医療用として承認されたものは148処方あります。詳細はこちらのページをご覧ください。

» 漢方薬の詳細はこちら

 

FacebookTwitterLine