シミ治療薬「トレチノイン」

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

トレチノインとは?

トレチノインの画像

トレチノインはビタミンAの一種で、食物から摂取されるビタミンAよりもはるかに効果的にはたらきます。「しみ」や「しわ」などのお肌のトラブルを改善するはたらきがあります。ビタミンAの生理活性物で、誰でも血液中にごく微量流れているためアレルギー反応は起きません。

全国の皮膚科医院で取り扱われているので、目にされた方も多いのではないでしょうか?長年にわたり多くの方に使われているため、成分の安全性については安心できるといえます。当院では国産のトレチノイン原末・クリームを使用し0.025%の院内製剤を処方しています。

トレチノインの特徴と効果

トレチノインの画像

紫外線などの作用により、過剰につくられたメラニンが角層にたまると「しみ」になります。お肌の奥の真皮にあるコラーゲンなどが減ってしまうとお肌の弾力が失われて「しわ」ができやすくなります。

トレチノインはターンオーバーを促進し角層にたまったメラニンの排出をうながします。また、コラーゲンなどを作る細胞を元気にし、お肌の弾力を高めます。

ハイドロキノンとの併用について

ハイドロキノンは新たなメラニンが作られないようにはたらくので、ターンオーバーを促進するトレチノインと組み合わせてお使いいただくとよりシミを薄くする効果は高まるため併用されることが多い薬剤です。当院ではハイドロキノン・トレチノインのセット割引もご用意しております。詳しくは料金の項目をご参照下さい。

» ハイドロキノンの詳細はこちら

トレチノインの対象患者さんについて

投与方法と投与スケジュール

トレチノインを塗る順番

1日2回朝夜洗顔後に、顔全体ではなくシミの部分に少量を塗ります。顔全体には塗らないでください。塗る順番は化粧水、保湿クリーム等を塗った上からトレチノインクリームを重ね塗りしてください。化粧をする場合は、日焼け止めを塗った後に行ってください。
ハイドロキノンと併用する場合はトレチノインを先に塗ってください。先にトレチノインを塗ることでハイドロキノンがより浸透し、併用の効果が高まるとされているためです。またトレチノインの方がより広い範囲に塗ることもあるためトレチノインを先に塗ることをおすすめします。ただし逆の順番で塗ったとしても問題はありません。

トレチノインの保管方法・使用期限について

トレチノインクリームは一般の薬剤に比べて安定性が悪いため、冷蔵庫保管で1~2ヶ月程度の使用をおすすめしています。

トレチノインを使用する上での注意点

トレチノインによる肌トラブル

赤み、ヒリヒリ感・皮むけ

トレチノインの作用であるピーリング効果の刺激によるもので、ほとんどの方に起こります。効果の裏返しと考えていただいて問題ありません。ご安心ください。2週間以内に慣れますが、気になる場合は塗る回数を減らしてみてください。

紫外線対策が必須

トレチノインを使用しながら紫外線を浴びるとシミが濃くなる可能性があります。日中の外出の際には、短時間でも必ず日焼け止め(SPF20以上)を使用してください。

オンライン診療対応可能

当院では初診からオンライン診療に対応しておりご来院いただかなくとも診療が可能です。自宅でのケアがメインとなるため、来院せずに治療ができるとご評価いただいています。ご希望の方は下記リンクよりお申し込みください。

» オンライン診療の詳細はこちら

トレチノインの料金について

トレチノインによる治療は自費診療となります。ハイドロキノンとセットで使われることが多いため価格を併記しております。

商品名 主な作用 金額(税込)
トレチノインクリーム
0.025%5g
ターンオーバーを促進する 2,750円
ハイドロキノンクリーム
5%5g
メラニンの生成を抑える 2,750円
ハイドロキノン+トレチノイン
(セット割10%引き)
メラニンの生成をおさえ
ターンオーバーを促進する
4,950円