解熱鎮痛薬「ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)」

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

ロキソニンとは?

ロキソニンの写真

ロキソニン(一般名:ロキソプロフェンナトリウム水和物)は非ステロイド系抗炎症薬(NSAID:エヌセイド)の一種であり、鎮痛・抗炎症・解熱などの作用を有する飲み薬です。体内で炎症や発熱などを引き起こす物質であるプロスタグランジンの産生を抑えることによって、その効果を発揮します。また消化管より速やかに吸収されるため、早く効くのが特徴です。

整形外科領域の疾患による痛み、手術・ 外傷・抜歯後の疼痛、急性上気道炎の発熱・疼痛などへの有用性が認められていますが、実際の臨床現場ではそれ以外の様々な痛みに対してもしばしば用いられます。皮膚の病気を例にあげると、手術後や帯状疱疹に伴う痛み、炎症性粉瘤・蜂窩織炎化膿性爪囲炎などの細菌感染症などによる疼痛に対しても必要に応じてロキソニンを投与することがあります。

ロキソニンという名前の由来は、一般名であるロキソプロフェンナトリウム(Loxoprofen Sodium)から一部を抜粋・省略したものです。

ロキソニンの特徴

ロキソニンなどのNSAIDは、痛みや熱の原因となるプロスタグランジンの生成を抑えることでその効果を発揮します。ただプロスタグランジンには胃粘膜を保護する役割もあるため、NSAIDは総じて胃の痛みや不快感などの副作用を起こしてしまう場合があります。

他のNSAIDと比較した場合、ロキソニンの最大の特徴は体の中に吸収されてから活性型に変化して効果を発揮することで、胃腸障害などの副作用が少ないとされています。

ロキソニンの使い方

通常、成人にはロキソプロフェンナトリウム1回60mgを1日3回、食後に経口投与します。頓用(とんよう:痛みがあるときに内服する方法)の場合は、1回60~120mgを内服します。ロキソニンを内服する際は空腹を避けるのが望ましいため、薬を飲む前に少しでもいいので何かお腹に入れてください。また、長期間常用する場合は胃粘膜を保護する目的で胃薬を併用することが多いです。

なおロキソニンには、錠剤の他に細粒(粉薬)があります。錠剤には医療用と市販用がありますが、細粒は医療用しかありません。そのため細粒を希望する場合は医師の診察を受ける必要があります。この他にもテープ剤、パップ剤、ゲル、ローションなどの外用薬があり、外用薬は全て市販薬としても購入可能できます。

ロキソニンを服用する上の注意点

一般的な注意

ロキソニンは原因を根本的に治すために使用する薬ではありません。対症療法といって、その場の症状をしのぐために使用するものです。

痛みには必ず何かしらの原因があります。時間経過で自然に痛みが改善してくる場合は大丈夫ですが、痛みが長引く場合は原因そのものに対する治療が必要である可能性もあります。ロキソニンを長期間飲んでも痛みが改善してこない場合は、医療機関を受診するようにしましょう。

持病がある場合の注意

消化管潰瘍・血液の異常・心機能異常・気管支喘息・潰瘍性大腸炎・クローン病・腎機能障害・肝機能障害などに当てはまるものがある場合は、これらの病気の病状が増悪もしくは再発する場合があります。これらの病気がある場合はロキソニンを内服できないこともありますのでご注意ください。

注意すべき副作用

重大な副作用として、ショック・アナフィラキシー・無顆粒球症・白血球減少・貧血・血小板減少・重症薬疹・急性腎障害・ネフローゼ症候群・間質性腎炎・うっ血性心不全・ 間質性肺炎・消化性潰瘍/出血/穿孔・腸の狭窄/閉塞・劇症肝炎・肝機能障害・黄疸・喘息・無菌性髄膜炎・横紋筋融解症などが報告されています。これ以外にも軽微な副作用は様々起こりえます。ロキソニンを内服し始めてから体調に変化が生じた場合は、速やかに医療機関へご相談ください。

日常生活における注意点

他の痛み止めとの併用に関して

添付文書には、他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましいと記載されています。もしすでに他の痛み止めを内服されている場合は、自己判断でロキソニンを追加しないようにしてください。

医師が必要と判断した場合はこの限りではありませんが、もし他に内服している痛み止めがある場合は診察時に申し出るようにしましょう。

痛み止め以外の薬との併用に関して

一部の抗凝固薬(血液をサラサラにする薬)・抗菌薬・降圧薬などと併用すると、互いに作用して本来の効果が見込めなくなる場合があります。

妊娠されている方への使用に関して

出産へ影響する可能性があるため妊娠後期(28週0日以降)の方には使用できません。それ以前の方は使用可能ですが、内服せずに済むならその方が良いです。使用を検討される場合は医師や薬剤師にご相談ください。

お子様への使用に関して

添付文書によると、ロキソニンは低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していないとされています。15歳未満のお子様には使用できませんのでご注意ください。

ロキソニンの患者さま負担・薬価について

先発品であるロキソニン錠の薬価は12.4円/錠、ジェネリック医薬品の薬価は5.7〜9.8円/錠となっています。
ロキソニン錠を1日3回、1週間内服した場合は、三割負担の患者様の場合78.12円になります。(薬剤費のみの計算です。)

よくあるご質問

医療用のロキソニンと、市販薬のロキソニンの違いはありますか?

錠剤に含まれる成分や添加物には違いはありません。基本的に同じ薬と思っていただいて大丈夫です。ただし、市販薬は短期の服用や頓服使用が目的です。どうしても医療機関に行く時間がない方や、緊急の症状に対して臨時的に服用するためのものです。痛みが強い場合や症状が改善されない場合は、直ぐに受診するようにしましょう。医師の診断をもとに、早めに適切な治療を受けることが大切です。