アトピー性皮膚炎治療薬「リンヴォック(ウパダシチニブ)」JAK阻害薬

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

リンヴォックの概要

リンヴォックの写真

リンヴォック錠(ウパダシチニブ)は、1日1回服用時間の制限がない、アトピー性皮膚炎治療のための飲み薬です。アッヴィ合同会社が製造販売しており関節リウマチ、関節症性乾癬に続く3つ目の適応症として2021年8月25日に追加承認を取得しました。

アトピー性皮膚炎における炎症をコントロールし、服用開始早期からかゆみや湿疹といった自覚症状の改善が期待できます。

 

リンヴォックの特徴

リンヴォックの作用機序

リンヴォックはオルミエントと同様、JAK阻害薬と呼ばれるアトピー性皮膚炎の治療薬です。
アトピー性皮膚炎には、IL-4(インターロイキン4)、IL-13、IL-31など多くの*サイトカインが関与しています。

*サイトカイン:細胞から細胞へ情報を伝達する物質で、本来は体を正常に機能させるために必要なタンパク質です。なんらかの原因で過剰に増えてしまうと、炎症やアレルギー症状などを引き起こします。

リンヴォックは、JAK(ジャック)阻害薬と呼ばれる飲み薬で、炎症の信号を伝える経路のひとつである「JAK-STAT(ジャック・スタット)経路」をブロックすることで、サイトカインが受容体にくっついても炎症やかゆみを引き起こす信号が細胞核に伝わらないようにし、アトピー性皮膚炎の症状に関与する複数のサイトカインの働きを抑えることで、かゆみや皮膚の炎症を抑えます。

リンヴォックの作用

リンヴォックのPTPシート

オルミエントが主にJAK1.2を阻害するのに対して、リンヴォックはJAK1選択性が高いという特徴がありますので、高い効果と安全性が期待できると言われております。
リンヴォックは1日1回の飲み薬です。服薬時間の制限はありませんので、1日の中で生活スタイルに合った時間帯に飲むことができます。

通常は15mg錠を1日1回1錠、毎日服用します。患者さんの状態によっては、倍量の30mg(15㎎錠2錠)が処方される場合もあります。

リンヴォックは、2020年に関節リウマチ(rheumatoid arthritis:RA)、2021年に関節症性乾癬(psoriasis arthritis:PsA)を効能効果として発売されていることから、既に多くの患者さんに使用されている安全性プロファイルの揃った薬剤です(2021年9月時点)
また、他の薬剤と異なり12歳から使用可能なため、小児の患者様にもお使いできる薬剤です。

リンヴォックの適応患者さんについて

リンヴォックは、今までの治療では十分な効果が得られない成人アトピー性皮膚炎患者さんにご使用いただけます。

※具体的にはステロイド外用剤・プロトピック軟膏などの抗炎症外用剤を一定期間投与しても十分な効果が得られない12歳以上のアトピー性皮膚炎の方が対象となります。
※原則として、リンヴォック投与開始後も状態に応じて抗炎症外用剤を併用していただきます。
※リンヴォック投与時も保湿外用剤を継続使用していただきます。
リンヴォックに関してはアトピー専用フォームからご相談をお受けしています。受診される方はフォームをお送りの上ご予約をお願いします。

リンヴォックの費用の目安について

リンヴォックの薬剤費  4週間(約1カ月)
15mgの場合 139,238.4円
70歳未満(3割負担) 41,750円
70-74歳未満(2割負担) 27,830円
75歳未満(1割負担) 13,920円

※2021年8月時点の情報に基づいています。
※30㎎処方の場合は、上記の2倍の薬剤費が掛かります。
※実際に窓口で支払う費用は、検査日や治療費、その他の薬剤費、ほかの病気のための治療費や薬剤費などを合計した金額になります。

アトピー性皮膚炎全身療法の比較

デュピクセント、オルミエント、リンヴォックがアトピー性皮膚炎の治療薬として承認され、患者さまからどの薬剤が自分に適しているかご質問をいただく機会が増えてきました。そこで全身療法の薬剤の比較表を作成しました。公開されている情報や治療経験を通じての私見を加えて作成しています。今後、新たな情報や新薬が発売されましたら追加・修正していく予定です。

項目 デュピクセント オルミエント リンヴォック
投与方法 皮下注射 内服 内服
投与間隔 2週間に1回 毎日 毎日
皮膚症状の改善度
かゆみの軽減度
効果発現 1~2週間 1~2日 1~2日
ヒット率 ほぼ100% 8割程度 8割程度
安全性 安全
結膜炎の副作用
定期的な採血で確認 定期的な採血で確認
ニキビ
投与量の調節 推奨されない
(中和抗体の出現)
減量可能 増量可能
導入前検査 採血 胸部X線
採血
胸部X線
採血
高額療養費 本人の収入により
使用可能
本人の収入により
使用可能
本人の収入により
使用可能
詳細な説明 詳細はこちら 詳細はこちら 当ページ

患者様向けのサポート(無償)

患者さんに安心して治療をしていただくために、クリニックでのサポート以外にもリンヴォックの服用や日常生活に関する疑問、不安の解消をお手伝いするサポートプログラムを各種ご用意しております。

» 「リンヴォック.jp」の詳細はこちら

よくあるご質問

どのような方が対象になりますか?
従来の治療では十分な効果が得られない12歳以上のアトピー性皮膚炎患者さんにご使用いただけます。
どのくらいで効果が期待できるのでしょうか?
臨床試験の結果によると、投与開始翌日には有意なかゆみの改善が認められています。
症状がおさまったら飲むのをやめてよいですか?
薬の作用で炎症を抑えているため、急にやめると症状が悪化する可能性があります。自己判断で服用中止や減量は行わずご相談ください。
投与前の検査は何が必要ですか?
血液検査と胸部X線検査(レントゲン)が必要です。血液検査は当院で行います。胸部X線検査は半年以内の健康診断の結果がある方はお持ちください。お持ちでない方は当院ビル3階の内科医院にて撮影が可能です。
服用する上で制限はありますか?
食事の影響を受けないので食事に関係なく服用できます。また服薬時間の制限はありませんので1日の中でご自分の生活スタイルにあった時間帯に飲むことができます。ただし飲み忘れを防ぐために1日1回同じ時間に飲むようにすることをおすすめします。
また、一緒に服用する他薬剤との関係性も確認が必要ですので、お薬手帳などで確認致します。
服用し忘れたときはどうしたら良いのでしょうか?
気がついたときにできるだけ早く1回分を服用してください。その後、通常の通り1日1回服用してください。丸一日服用を忘れてしまった場合は、飲み忘れた分は飛ばして、翌日のいつもの時間に1回だけ服用してください。同日に2回分をまとめて服用しないでください。
リンヴォックを投与していても新型コロナワクチンを接種して問題ないのでしょうか?
リンヴォック投与中の生ワクチン接種は行えませんが、不活化ワクチンの併用投与は可能です。NIH(米国国立衛生研究所)および DHHS (米国保健社会福祉省)におけるワクチンの分類では、新型コロナウイルスワクチンは非生ワクチンとして分類されており、現時点ではリンヴォックの投与は可能と考えられます。
小児のアトピー治療はどんな治療をするの?
これまでは外用薬による治療がほとんどでした。お子さまは外用薬の反応性が良く、多くの方が外用薬治療で症状改善が見込めます。一方で、症状が軽快せず、成長が進んでもアトピーが良くならないという方もいらっしゃいます。そんな中リンヴォックが新たに治療選択肢として加わりました。12歳以上、体重30㎏以上の方にお使いいただけます。
小児のリンヴォックの安全性は?
小児における有効性と安全性は成人と同等の結果が出ております。ただし免疫を抑えるため感染症に気を付ける必要があります。帯状疱疹・ざ瘡(にきび)などの副作用がみられますが、いずれも皮膚科の疾患であり有効性と副作用のバランスを見て適切に治療いたします。
小児の薬剤費負担はどうなるの?
当院は東京都豊島区にありますので東京23区の医療証をお持ちであれば所得制限なく15歳まで医療費助成が受けられ自己負担額はございません。23区外にお住まいの方は通常の保険診療となります。(自己負担が一定額を超えると高額療養費制度などの様々な助成制度がございます。)
なぜ小児のアトピー治療に力を入れているの?
私の娘もかゆみに苦しんでいます。かゆみを我慢できず肌をかき壊してしまった患者さまを診察していると、どうにかして早く改善してあげたいと強く願います。見た目でコンプレックスを抱えたり、受験のストレスが待ちうけていたりするお子様にとって、アトピーは身体的にも精神的にも負担が大きく人生を左右する疾患です。新たな治療にご興味をお持ちの方、症状にお困りの方はぜひご相談下さい。