できもの

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

単純ヘルペス(口唇、陰部)

単純ヘルペスとは? 単純ヘルペスウイルス感染症は、HSV-1型またはHSV-2型の2種類のウイルスが皮膚や粘膜に感染して起きる急性炎症性皮膚疾患です。皮膚や粘膜に感染して、発熱・痛み・痒みなどを伴う水疱やただれを起こすもので、初めて感染したときは免疫がまだできていないため、全身症状が出たり重症化しやすかったりします。 HSV-1型は主に口唇や口腔、目などの顔面・上半身で発症し、口唇ヘルペスやヘルペス角膜炎、歯肉口内炎などを引き起こします。 HSV-2型は主に陰部・下半身で発症し、性器ヘルペスを起こします。 症状の特徴は、ピリピリ・ちくちくとした不快な痛みやむず痒さが最初に起こり(初期症状)、次に赤い小さな水疱が患部に集まって出現してきます。水疱の大きさは0.5~1.5センチくらいあり、互いに融合してびらん、潰瘍ができることがあります。 画像提供:大正製薬「ヘルペスの原因」 初感染の時、潜伏期間が2~10日間ほどあります。初感染の単純ヘルペスウイルス感染症が治癒した後も、ウイルスそのものは神経節細胞の中で遺伝子として残留しています。神経節細胞に潜伏しているウイルス……

単純ヘルペス(口唇、陰部)の詳細はこちら

たこ

たことは? たこ(胼胝:べんち)は、皮膚の同じ箇所が長期にわたって刺激を受け続けることで、皮膚の角質が厚く硬くなってできる症状です。圧迫してもあまり痛みを感じることはなく、赤みやかゆみを伴うことも少ないです。角質肥硬を起こしているので、その部位の触覚が鈍感になっていることがあります。 通常、たこは足の裏・足の指・くるぶしに多くできるものですが、ペンだこや座りだこ、乳幼児の吸いだこなどのように、本人の癖や生活習慣、仕事内容などによってできる体の部位や形状・大きさなどが異なります。慢性的な刺激を受けることが発症の要因なので、全身のどこにでもできる可能性があります。 画像提供:大正製薬「うおのめ(鶏眼)・たこ(胼胝)の症状」 たこは角質肥厚のほかは無症状であることが大半ですが、もし痛みなどがある場合は、細菌感染や潰瘍(特に糖尿病患者に多く見られます)といった別の症状を引き起こしている可能性が考えられますので、早めに皮膚科を受診してください。 なお、ウオノメ(鶏眼:けいがん)も、たこと同様に皮膚の角質が増殖して硬くなる症状ですが、たこは表面から外部に向かって厚く盛り上……

たこの詳細はこちら

魚の目

魚の目とは? 魚の目(鶏眼:けいがん)は、皮膚に継続的あるいは間欠的に摩擦・圧迫の刺激を受け続けることで、その部分の角質が厚く硬くなって生じる病変(角質肥厚)です。患部は小豆くらいの大きさで皮膚が硬くなっており、中央に穴のようなくぼみがあったり白い点が見えたりします。これが小さな目のように見えることが、「魚の目」や「鶏の目」と呼ばれるゆえんです。 画像提供:大正製薬「うおのめ(鶏眼)・たこ(胼胝)の症状」 一般的に足の裏や足の指(側面や付け根、指の関節)にできることがよくあります。たこ(胼胝:べんち)とでき方が似ていますが、患部の深さ・広さと痛みがあるかどうかで異なります。 魚の目は、角質が増殖して厚く硬化した皮膚が、内部に向かってくさび状に侵食していきます。また、魚の目はたこと違って「芯」という白く硬い角質柱が含まれています。この芯が皮膚の深部に向かって増殖していき、神経のある部位まで食い込んでいきます。このため歩行中に靴などに圧迫されると、芯が神経を刺激するため、強い痛みを感じることがあります。 一方でたこは、魚の目よりも広く浅い範囲で起こる病変です。厚く……

魚の目の詳細はこちら

粉瘤

粉瘤とは? 粉瘤(ふんりゅう)とは良性皮膚腫瘍の一種で、皮膚の下に袋状の構造物(嚢腫)が生成され、その中に角質や皮脂など、本来は皮膚から剥がれ落ちるはずのものが溜まることによって生じます。よく脂肪の塊だと言われることがありますが、正体は脂肪ではありません。 医学的には「表皮嚢腫」に分類されますが、外毛根鞘性嚢腫や多発性毛包嚢腫も粉瘤の一種と考えられています。外毛根鞘性嚢腫は頭部の毛根に生じやすいタイプで、多発性毛包嚢腫はその名の通り、 わきの下 胸部 首 背中 など、体のあらゆる部位に20~30個など多数生じることがあります。 粉瘤の病態は、色は普通の皮膚と変わりません。半球状のふくらみの頂上に小さな穴(開口部)があいていることがしばしば見られ、開口部周辺はやや黒ずんでいる場合もあります。粉瘤は 顔 耳の後ろ 首 背中 足の裏 陰部 など、全身のどこにでも発症し得るもので、通常はあまり変容しない、あるいはゆっくりと大きくなる程度です。 軽症であれば痛みや硬化もほとんど……

粉瘤の詳細はこちら

帯状疱疹

帯状疱疹とは? 帯状疱疹は、体の神経が分布している部位に沿って帯状の赤い発疹ができ、強い痛みを発するウイルス性の疾患です。また、神経は左右、体に沿って分布しているため帯状疱疹では左右どちらか帯のように症状がでるのが特徴です。 帯状疱疹の原因は水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)で、最初に感染したときは水ぼうそうになります。水ぼうそうが治ったあとでも、神経節にウイルスが潜伏しているせいで、高齢になって体の抵抗力が弱くなったり、季節の変わり目や過労・体調を崩したりしたときなどに「再活性化」することがあります。これが帯状疱疹です。 症状としては、肌の表面に赤いブツブツができて帯状に広がります。時間が経つと水ぶくれに代わり、1~2週間ほど経つとただれ、潰瘍になります。自然に治癒していくと、かさぶたに変わり、2~4週間頃にはかさぶたは取れて完治します。ただし、重症化すると点滴や入院が必要になることもあるので注意が必要です。 帯状疱疹では発疹の出る2,3日前から強い疼痛があるのも特徴といえます。ウイルスが神経節で繁殖することで、知覚神経から皮膚の細胞にまで炎症が拡大するこ……

帯状疱疹の詳細はこちら

尖圭(せんけい)コンジローマ

尖圭コンジローマとは? 性感染症として知られる尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)は、ヒトパピローマウイルス(HPV)6型や11型などの原因によって発症するウイルス性感染症です。性器の皮膚や粘膜で症状が確認されます。 患部は主に外陰部、肛門周辺、尿道口で、男性ならば陰茎の亀頭部、陰嚢、包皮内外板など、女性ならば膣、膣前庭、子宮口などにできやすい特徴があります。淡紅色から褐色の病変があり、乳頭・鶏冠・カリフラワーのような形の小さな丘疹が多数みられるようになります。湿っていて悪臭があり、悪化すると丘疹が大きく広がっていって潰瘍になる場合があります。特定の型のヒトパピローマウイルスに感染すると、癌の発生につながることがあるため、医師による適切な経過観察と診断が必要です。 ヒトパピローマウイルスの潜伏期間は3週間~8カ月ほど(平均的に2~3カ月ほど)です。感染した本人に自覚症状がないこともありますが、患部を触ったときに腫瘍があるという触感や、掻痒感、うずくような痛みや灼熱感といった症状が出てきて、感染に気付くこともあります。 正常な免疫機能を持っている患者であれば、1~……

尖圭(せんけい)コンジローマの詳細はこちら

毛包炎(毛嚢炎)

毛包炎(毛嚢炎)とは? 毛包炎(毛嚢炎)は、毛穴の奥の毛根を包んでいる部分「毛包」の浅い層に限られる、通常は黄色ブドウ球菌を原因菌とする毛包の細菌感染症です。黄色ブドウ球菌のほか、緑膿菌やそのほかの菌が原因となることもあります。いわゆるニキビも毛包炎の一種といえます。 毛穴のある位置に、中央に膿を持った皮膚の盛り上がり(丘疹)がポツンとでき、広がって周辺にも白~赤く腫れた膿を持った発疹(膿疱)ができます。膿疱が硬いしこりになり、不快な痛みをずきずきと感じるようになったのを「せつ(おでき)」と呼びますが、顔の中心部にできているものは「めんちょう」と言われています。「せつ」はかなり強い痛みや圧迫感、熱感を伴います。 毛包炎の症状としては、軽度のうずくような痛み、掻痒、刺激感などです。患部は顔のほか、首の後ろ、太もも、臀部、陰部付近などに比較的よくみられますが、全身どこにでも起こります。 画像提供:第一三共ヘルスケア「くすりと健康の情報局」 通常は数日で特に痕も残ることなく自然に治癒しますが、進行して深在性病変になると、硬くなって炎症の症状が強くなります。なお、男性のひ……

毛包炎(毛嚢炎)の詳細はこちら

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ(伝染性膿痂疹)とは? とびひ(伝染性膿痂疹、でんせんせいのうかしん)は、ブドウ球菌やレンサ球菌を原因とする、細菌性の感染症です。接触によって病気がうつり、火事の飛び火のように素早く広がってしまうことから「とびひ」という俗称がつけられ、知られています。 大きく分けて、水ぶくれができる「水疱性膿痂疹」と、かさぶたができる「痂皮性膿痂疹」の2種類があります。水疱性膿痂疹は鼻・口・目の付近から症状が始まることが多く、全身に広がっていくことがよくあります。痂皮性膿痂疹は全身のどこにでも発症する可能性があります。 水疱性膿痂疹 黄色ブドウ球菌が原因菌です。皮膚に水ぶくれが急速にできたあと、次第に膿をもつようになり、最終的に破けて皮膚がただれたような状態になる疾患です。うずくような強いかゆみを伴うことがあり、患部をひっかくと破けると滲出液が出てくるので、それが付着した手で体の他の部位や他人に触れると感染させてしまいます。特に湿度が高く温暖な夏にかかりやすいです。 痂皮性膿痂疹 主に化膿レンサ球菌が原因菌ですが、黄色ブドウ球菌にも同時に感染していることがしばしばあります。赤く皮膚が……

とびひ(伝染性膿痂疹)の詳細はこちら

ほくろ

ほくろとは? ほくろは自然発生的にできる、良性の母斑細胞の集まりです。 皮膚に褐色~黒色の色素斑が生じ、表面は平坦または膨らみ・こぶ状になっています(色素のないほくろも存在します)。ほくろは生まれつきできていたり、大人になってから生じたりして、発生原因は明らかになっていません。良性腫瘍のほくろは人体の健康に悪影響を及ぼすことはないので、顔や体にできていて心配ありません。 なお、ほくろによく似た症状に悪性黒色腫(メラノーマ)がありますが、こちらは皮膚がんの一種です。ほくろとメラノーマの区別については医師による鑑別が必要なので、早めの発見と、メラノーマの場合は医療機関での治療が必要です。ほくろの検査・診断方法としてはダーモスコープを使ったダーモスコピーが一般的です。 ほくろは当院で切除可能です。女性の顔面など、より傷を目立ちにくくするご希望がある場合は、形成外科へのご紹介もしております。除去方法にはレーザー治療や電気メスでの切開術などもあります。 なお、ほくろが遺伝することは医学的に認められていませんが、親にほくろが多いと子どもにもほくろが見られるという事例も……

ほくろの詳細はこちら

水ぼうそう(水痘)

水ぼうそう(水痘)とは? 画像提供:シオノギ製薬「こども感染症ナビ」 水ぼうそう(水痘)はヒトヘルペスウイルス3型(水痘帯状疱疹ウイルス)が原因となって引き起こされる急性の全身感染症の一種で、皮膚に病変が出現するもの。顔を含む全身が患部となることがあり、特に小児期に多く見られます。潰瘍化した病変は、口腔内・中咽頭・上気道・直腸・膣・眼瞼結膜などの粘膜部位に現れることもあります。 潜伏期間は感染から2週間ほどです。水ぼうそうは、症状の進行につれて病変が次々と現れます。感染初期は軽度の頭痛、発熱、倦怠感などが、病変の現れる24~36時間前に現れるケースがよく見られます。初期の発疹は紅斑(皮膚表面に赤い発疹がぽつぽつできる)になります。変化は早く、数時間以内で丘疹に進行。このとき、涙滴状の小さな水疱が同時に出現することがあり、強い痒みを伴います。 後期では膿疱へと変わってゆき、発症から20日前後たつと最終的に痂皮化(かさぶたになる)します。ただし、発疹は次々と出現するので、ひとつの患部が落ち着いてきた頃には、別の部位に斑状発疹が新たに出てきます。 画像提……

水ぼうそう(水痘)の詳細はこちら

手足口病

手足口病とは? 手足口病とは、子どもを中心に、主に夏(ピークは7月下旬)に流行するウイルス性感染症で、口の中、手の平、足の裏、おしりなどに2~3㎜の水疱性の発疹が発現します。次第にびらん、アフタ性潰瘍を形成していきます。疼痛があり、水や食物をとりにくくて脱水症状を起こしやすい点に注意が必要です。 感染症発生動向調査によると、4歳くらいまでの幼児が中心で、特に2歳以下が半数を占めています。こうした乳幼児~低年齢の子どもはウイルスに感染した経験がまだ少ないため、感染すると高確率で発症します。潜伏期間は2~5日間で、通常は3~7日間のうちに自然快癒していきます。しばしば微熱を伴いますが、発熱は高くて38度台です。 病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、コクサッキーウイルスA10などが原因になるケースもあります。これらはアルコール消毒剤や熱に強いウイルスの一種です。 手足口病の合併症として、骨髄炎、脳炎、小脳失調症といった中枢神経系、また心筋炎、急性弛緩性麻痺、神経原性肺水腫、ギラン・バレー症候群なども確認され……

手足口病の詳細はこちら

水いぼ(伝染性軟属腫)

水いぼ(伝染性軟属腫)とは? 水いぼは、伝染性軟属腫ウイルスに感染することで発症する感染症で、おもに小児に見られる疾患です。健康な子供では、半年から3年以内に自然治癒するとされています。 伝染性軟属腫ウイルスが皮膚についた小さな傷やささくれ、毛穴などから入り込み、皮膚の細胞に感染してウイルスが増殖します。アトピーを持つ子どもは通常よりも水いぼに感染しやすい傾向にあります。 いぼの大きさは1~5㎜ほどで、表面はつるつるしていて水っぽい光沢があります。体のどの部位にも発症する可能性があります。いぼの中身は体液ではなく、モルスクム小体というウイルスと変性した表皮組織からなる塊です。ただし、ひっかくことで化膿することがあります。いぼが大きくなると中心部がへこんできて、やぶれたり自然に剥離して落ちたりすると炎症が生じますが、やがて消失します。 いぼは痛みはほとんどありませんが、かゆみを伴うことがあり、ひっかいてしまうと内容物(軟属腫)が飛び出して別の皮膚に付着し、新たな場所に感染が広がってしまうことがよくあります。そのため、水いぼはひとつできるとその付近や、普段から触りやすい部位……

水いぼ(伝染性軟属腫)の詳細はこちら

虫刺され

虫刺されとは? 虫刺され(虫刺症、ちゅうししょう)は、昆虫に咬まれたり、針を刺されたり、毛虫や蛾などの体毛に触れたりすることで起こる皮膚炎の総称です。 虫が皮膚を刺したり咬んだりすることそのものによる物理的な刺激のほか、皮膚の内側に注入される化学物質が急性反応やアレルギー反応などを起こし、皮膚の表面にブツブツした発疹や赤い腫れが起こることがあります。患部が熱を持ち、痛みやかゆみを伴うことも多いです。 アレルギー反応には、虫に刺された後すぐに発疹やかゆみ・赤みが起こる「即時型反応」と、1~2日後から皮膚症状が出現してくる「遅延型反応」とがあります。 虫刺されの後のアレルギー反応は、個人の体質や、刺された回数などが影響してくるため、症状の出方には個人差があります。刺される瞬間を自分で見ていれば何の虫に刺されたのか分かりますが、実際は症状が出た後に「いつの間にか虫に刺されていたかも?」と気づくケースが少なくありません。皮膚の状態からでは原因となった虫の種類の特定が難しいことがほとんどです。 虫刺されの原因 虫が人体に咬みつく理由には、針を刺して吸血を行……

虫刺されの詳細はこちら

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症とは? 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは、手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)を中心に膿のたまった皮疹(膿疱)が多数みられる慢性疾患のことです。小さな水ぶくれや赤い発疹ができ、だんだん拡大して膿疱を形成します。発症年齢は30~50歳が多く、有病率は40~60歳代の間で高くなっており、特に女性によく発症します。 膿疱は2~4週間で繰り返し、周期的に軽快に向かったり悪化したりします。特に出始めの頃にかゆみ、また痛みを伴う場合があり、ひっかくとただれて体液や膿が出てくることがあるので注意が必要です。膿疱はかさぶたになって、角層(皮膚の再表層)がはがれ落ちていきますが、これが皮疹をつくることもあります。また、10%~30%の症例で鎖骨や胸の中央部をはじめ、全身の関節が痛くなる掌蹠膿疱症性骨関節炎が観察されています。 爪に症状が現れると、爪の下に膿疱などができたり爪が変形・はがれて浮いて来たりします。また、手のひらや足裏の他にも膝やすね、頭部に発現することもあります(掌蹠外皮疹)。 なお、膿疱を形成しますが、膿の中には細菌や真菌(カビ)は存在しないため、患部が……

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の詳細はこちら

ニキビ(尋常性ざ瘡)

ニキビとは? 皮脂の過剰な分泌などによって顔などの毛穴が詰まってしまい、内部にアクネ菌が増殖して炎症を引き起こす病気です。毛穴に溜まった皮脂を栄養源として、ニキビのもとになる細菌が増殖し、症状が悪化していきます。 小児期から青年期にかけて見られることが多いのですが、なかには大人になってから悪化するケースもあります。その場合、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、紫外線、ストレス、生活環境の変化などが複雑に絡み合っており、なかなか治りにくいのが特徴です。 ニキビの種類・状態 白ニキビ(閉鎖面皰) 黒ニキビ(解放面皰) 赤ニキビ(炎症性皮疹) 嚢胞 瘢痕など 白ニキビ 毛穴に皮脂や角質が溜まり始めると、皮膚の表面が少し膨らんできます。これが白ニキビです。毛穴の状態によっては数日程度で自然に治ってしまう事も多いのですが、肌の汚れを放置していると白ニキビが成長し、数か月も治らないこともあります。 黒ニキビ 黒ニキビは、皮質や角質が溜まっている部位の毛穴が開いた状態のニキビです。古い角質などがいつまでたっても除去されず、毛……

ニキビ(尋常性ざ瘡)の詳細はこちら

脂漏性角化症(老人性いぼ、老人性疣贅)

脂漏性角化症とは? 脂漏性角化症は皮膚の老化現象によってできる褐色~黒色のシミで、老人性色素斑とは違ってやや盛り上がりのあるのが特徴です。最初はシミだったものが脂漏性角化症になるケースもあります。人にうつるものではなく、痛みや痒みは通常ありませんが、時々痒みがでることがあります。 40歳以降の中高年期に増加することの多い皮膚の良性腫瘍で、80代になるとほとんど全ての人に見られます。 顔や頭部、前胸部、上背部、手足など日光の当たる場所によく見られますが、体幹や側頭部など全身に患部ができる可能性があります。大きさは数ミリ~数センチとまちまちで、時間が経過するにつれて少しずつ大きくなります。 表面は疣状であるほか、つるつるしている、ビロード状、蝋状、鱗屑や痂皮が付着しているなど、いくつかの形態をとります。 リンパ腫や消化器癌など、悪性腫瘍を持つ患者に生じたものについては、病変が急激であったり多発性であったりすると、皮膚の腫瘍随伴症候群であることが疑われます。 なお、脂漏性角化症は悪性化して癌になることはありませんが、自然治癒することもありません。 脂漏性角化……

脂漏性角化症(老人性いぼ、老人性疣贅)の詳細はこちら

いぼ(尋常性疣贅)

いぼとは? 「いぼ」にはウイルス性疣贅(ゆうぜい)、老人に多い脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)、首や脇のしたなどにできる軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)という柔らかいできもののことをさします。 このうち、多くはウイルス性疣贅であり、皮膚や粘膜にできますが、疣贅ができる場所により足底疣贅、爪囲疣贅など名前がつけられています。さらに、疣贅の中でも多いタイプをまとめて「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」、そうでないものは「特殊型」という名がつけられています。 この項ではいぼの中で皮膚科受診のきっかけとなることが一番多いウイルス性疣贅について扱います。 いぼの原因 疣贅の原因はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染です。 HPVも色々な型があり、尋常性疣贅はHPV2a/27/57 型の感染で頻度として一番多く、特殊型はヒトパピローマウイルスの中でも別の型が報告されています。 HPVはひとからひとへうつることが主な感染症であり、銭湯やジム、プールといった公共施設で間接的にうつることもあります。 症状や兆候 典型的な疣贅はみためで診断をつけるこ……

いぼ(尋常性疣贅)の詳細はこちら