痛い

  日祝
9:00~13:00 - -
15:30~18:30 - - -

☆休診日: 水曜、日曜、祝日
予約なしでも受診可能です

  • 巣鴨千石皮ふ科 ネット予約
  • ネット予約の手順
  • キーワード(症状、薬品名、治療、医院について等)をご入力ください。

単純ヘルペス(口唇、陰部)

単純ヘルペスとは? 単純ヘルペスウイルス感染症は、HSV-1型またはHSV-2型の2種類のウイルスが皮膚や粘膜に感染して起きる急性炎症性皮膚疾患です。皮膚や粘膜に感染して、発熱・痛み・痒みなどを伴う水疱やただれを起こすもので、初めて感染したときは免疫がまだできていないため、全身症状が出たり重症化しやすかったりします。 HSV-1型は主に口唇や口腔、目などの顔面・上半身で発症し、口唇ヘルペスやヘルペス角膜炎、歯肉口内炎などを引き起こします。 HSV-2型は主に陰部・下半身で発症し、性器ヘルペスを起こします。 症状の特徴は、ピリピリ・ちくちくとした不快な痛みやむず痒さが最初に起こり(初期症状)、次に赤い小さな水疱が患部に集まって出現してきます。水疱の大きさは0.5~1.5センチくらいあり、互いに融合してびらん、潰瘍ができることがあります。 画像提供:大正製薬「ヘルペスの原因」 初感染の時、潜伏期間が2~10日間ほどあります。初感染の単純ヘルペスウイルス感染症が治癒した後も、ウイルスそのものは神経節細胞の中で遺伝子として残留しています。神経節細胞に潜伏しているウイルス……

単純ヘルペス(口唇、陰部)の詳細はこちら

たこ

たことは? たこ(胼胝:べんち)は、皮膚の同じ箇所が長期にわたって刺激を受け続けることで、皮膚の角質が厚く硬くなってできる症状です。圧迫してもあまり痛みを感じることはなく、赤みやかゆみを伴うことも少ないです。角質肥硬を起こしているので、その部位の触覚が鈍感になっていることがあります。 通常、たこは足の裏・足の指・くるぶしに多くできるものですが、ペンだこや座りだこ、乳幼児の吸いだこなどのように、本人の癖や生活習慣、仕事内容などによってできる体の部位や形状・大きさなどが異なります。慢性的な刺激を受けることが発症の要因なので、全身のどこにでもできる可能性があります。 画像提供:大正製薬「うおのめ(鶏眼)・たこ(胼胝)の症状」 たこは角質肥厚のほかは無症状であることが大半ですが、もし痛みなどがある場合は、細菌感染や潰瘍(特に糖尿病患者に多く見られます)といった別の症状を引き起こしている可能性が考えられますので、早めに皮膚科を受診してください。 なお、ウオノメ(鶏眼:けいがん)も、たこと同様に皮膚の角質が増殖して硬くなる症状ですが、たこは表面から外部に向かって厚く盛り上……

たこの詳細はこちら

魚の目

魚の目とは? 魚の目(鶏眼:けいがん)は、皮膚に継続的あるいは間欠的に摩擦・圧迫の刺激を受け続けることで、その部分の角質が厚く硬くなって生じる病変(角質肥厚)です。患部は小豆くらいの大きさで皮膚が硬くなっており、中央に穴のようなくぼみがあったり白い点が見えたりします。これが小さな目のように見えることが、「魚の目」や「鶏の目」と呼ばれるゆえんです。 画像提供:大正製薬「うおのめ(鶏眼)・たこ(胼胝)の症状」 一般的に足の裏や足の指(側面や付け根、指の関節)にできることがよくあります。たこ(胼胝:べんち)とでき方が似ていますが、患部の深さ・広さと痛みがあるかどうかで異なります。 魚の目は、角質が増殖して厚く硬化した皮膚が、内部に向かってくさび状に侵食していきます。また、魚の目はたこと違って「芯」という白く硬い角質柱が含まれています。この芯が皮膚の深部に向かって増殖していき、神経のある部位まで食い込んでいきます。このため歩行中に靴などに圧迫されると、芯が神経を刺激するため、強い痛みを感じることがあります。 一方でたこは、魚の目よりも広く浅い範囲で起こる病変です。厚く……

魚の目の詳細はこちら

粉瘤

粉瘤とは? 粉瘤(ふんりゅう)とは良性皮膚腫瘍の一種で、皮膚の下に袋状の構造物(嚢腫)が生成され、その中に角質や皮脂など、本来は皮膚から剥がれ落ちるはずのものが溜まることによって生じます。よく脂肪の塊だと言われることがありますが、正体は脂肪ではありません。 医学的には「表皮嚢腫」に分類されますが、外毛根鞘性嚢腫や多発性毛包嚢腫も粉瘤の一種と考えられています。外毛根鞘性嚢腫は頭部の毛根に生じやすいタイプで、多発性毛包嚢腫はその名の通り、 わきの下 胸部 首 背中 など、体のあらゆる部位に20~30個など多数生じることがあります。 粉瘤の病態は、色は普通の皮膚と変わりません。半球状のふくらみの頂上に小さな穴(開口部)があいていることがしばしば見られ、開口部周辺はやや黒ずんでいる場合もあります。粉瘤は 顔 耳の後ろ 首 背中 足の裏 陰部 など、全身のどこにでも発症し得るもので、通常はあまり変容しない、あるいはゆっくりと大きくなる程度です。 軽症であれば痛みや硬化もほとんど……

粉瘤の詳細はこちら

帯状疱疹

帯状疱疹とは? 帯状疱疹は、体の神経が分布している部位に沿って帯状の赤い発疹ができ、強い痛みを発するウイルス性の疾患です。また、神経は左右、体に沿って分布しているため帯状疱疹では左右どちらか帯のように症状がでるのが特徴です。 帯状疱疹の原因は水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)で、最初に感染したときは水ぼうそうになります。水ぼうそうが治ったあとでも、神経節にウイルスが潜伏しているせいで、高齢になって体の抵抗力が弱くなったり、季節の変わり目や過労・体調を崩したりしたときなどに「再活性化」することがあります。これが帯状疱疹です。 症状としては、肌の表面に赤いブツブツができて帯状に広がります。時間が経つと水ぶくれに代わり、1~2週間ほど経つとただれ、潰瘍になります。自然に治癒していくと、かさぶたに変わり、2~4週間頃にはかさぶたは取れて完治します。ただし、重症化すると点滴や入院が必要になることもあるので注意が必要です。 帯状疱疹では発疹の出る2,3日前から強い疼痛があるのも特徴といえます。ウイルスが神経節で繁殖することで、知覚神経から皮膚の細胞にまで炎症が拡大するこ……

帯状疱疹の詳細はこちら

巻き爪・陥入爪(かんにゅうそう)

症状の概要 巻き爪・陥入爪とは? 巻き爪と陥入爪(かんにゅうそう)は、いずれも爪が変形する症状です。同じものだと思われることが多いのですが、実際は別々の症状、治療法も異なるため区別して考える必要があります。ただし、巻き爪と陥入爪を併発することはあります。 巻き爪とは 爪の全体がロール状に湾曲する症状のことです。爪の両側または片側が内側に巻き込んでいる状態ですが、痛みや出血、炎症がなければ即座に治療をする必要は特にありません。 もともと爪には内側に湾曲する性質がありますが、普段から立ったり歩いたりしていると、地面からの圧がかかることで爪はまっすぐ正常な状態をキープすることができています。病気や老齢で寝たきりの人、あるいは車いすの生活をしている人は巻き爪になっていることが多いです。 陥入爪とは 第1 趾に見られることの多い症状で、爪の角が尖って皮膚・皮下組織に刺さっている状態をいいます。巻き爪と違って爪全体が丸くなることはありません。 食い込んだ爪の先は肉芽種様に盛り上がって炎症を起こし、圧迫すると爪の先が刺さって強い痛みがあります。また、傷口ができると細菌感染や化……

巻き爪・陥入爪(かんにゅうそう)の詳細はこちら

手足口病

手足口病とは? 手足口病とは、子どもを中心に、主に夏(ピークは7月下旬)に流行するウイルス性感染症で、口の中、手の平、足の裏、おしりなどに2~3㎜の水疱性の発疹が発現します。次第にびらん、アフタ性潰瘍を形成していきます。疼痛があり、水や食物をとりにくくて脱水症状を起こしやすい点に注意が必要です。 感染症発生動向調査によると、4歳くらいまでの幼児が中心で、特に2歳以下が半数を占めています。こうした乳幼児~低年齢の子どもはウイルスに感染した経験がまだ少ないため、感染すると高確率で発症します。潜伏期間は2~5日間で、通常は3~7日間のうちに自然快癒していきます。しばしば微熱を伴いますが、発熱は高くて38度台です。 病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、コクサッキーウイルスA10などが原因になるケースもあります。これらはアルコール消毒剤や熱に強いウイルスの一種です。 手足口病の合併症として、骨髄炎、脳炎、小脳失調症といった中枢神経系、また心筋炎、急性弛緩性麻痺、神経原性肺水腫、ギラン・バレー症候群なども確認され……

手足口病の詳細はこちら

やけど(熱傷)湿潤療法

症状の概要 熱いお湯をかぶってしまった、火にかけたままの鍋に触れてしまったなど日常生活の中でちょっとしたやけどに遭遇することもあると思いますが、やけどといってもさまざまな種類があります。 やけどとは 「やけど」は「熱傷」とも表現します。皮膚が熱で損傷してしまうことを熱傷といい、熱傷の深さでⅠ~Ⅲ度に分類されます。Ⅰ~Ⅲ度の深さのやけどが身体のどのぐらいの範囲を占めているかにより軽症~重症まできまってくるのです。 また、重症度により治療法が変わってくるため重症度をみきわめるのはとても大切です。 やけどの原因 熱傷の原因となるのは火や熱いものに触れたときに皮膚が焼けてしまうことを思い浮かべるかもしれませんが、やけどの原因はほかにもあります。 火災で熱い水蒸気や煙、有毒ガスなどを吸い込んでしまうことで気道が焼けてしまうことを気道熱傷、化学薬品が皮膚や粘膜について組織が壊れてしまうことを化学熱傷、感電や落雷など電流が身体を流れることでおきる障害を電撃傷といいます。 症状 一般に、Ⅰ度の軽いやけどでは痛みはありますが、赤くなる程度で、やけどの痕ものこりません。少……

やけど(熱傷)湿潤療法の詳細はこちら

きず(創傷)湿潤療法

急性皮膚創傷と慢性皮膚創傷 けがをしたときには切り傷や刺し傷、擦り傷などさまざまな傷の状態があります。けがをしたときに消毒をするべきなのか、洗うだけでいいのか、絆創膏がいいのかガーゼがいいのかなどどのように対処するのがいいか困るかたもいるのではないでしょうか。 抗生剤が発見される以前の治療は感染をコントロールすることがいちばん重要視されてきました。そのため、傷口をみたら消毒して、乾燥させてなおすという認識がながく定着していましたが、けがの処置も変わってきています。 私が子供のころは怪我をすると赤チンを塗ったり、マキロンやオキシドールなどで消毒をしたりしていました。またキズドライでパウダーを吹きかけて乾燥させるといったことも行っていました。このような従来の治療法はかさぶたをつくり、皮膚の再生を遅らせます。その結果、傷の治りが遅く傷あとも残ってしまいます。 傷口から出てくる浸出液は、実は皮膚の再生を促して傷の修復を早める作用があることがわかってきました。つまりこの浸出液を封じ込め、湿った状態を保つことで治りも速く、より綺麗に皮膚が再生されるという治療法が湿潤療法です。 »……

きず(創傷)湿潤療法の詳細はこちら

ひょうそ(化膿性爪囲炎)

ひょうそとは? ひょうそは、指先に炎症とうずくような強い痛みを起こす細菌感染症です。爪周囲炎と呼ばれることもあります。 爪の縁に沿って非常に赤く腫れ、ずきずきした痛みを伴う疾患を爪囲炎と言いますが、これが深刻化した際に起こりやすく、患部は指の腹部にも拡大しています。ひょうそになると、痛みはかなり強く、どくんどくんと脈動するように感じられます。 痛みの原因は、炎症によるものだけでなく、皮膚の下に浸出液や膿が充満したせいで、皮膚内が圧迫されていることが大きいです。 膿が形成される病気なので、なるべく早い段階で医療機関を受診する必要がある感染症です。医師による排膿処置を受けると、多くの場合はすぐに痛みがおさまります。 ひょうそは原因別に、細菌性、真菌性(カンジダが多い)、ヘルペス性などに分類されます。また、症状がどれくらい長く継続しているかによって急性・慢性と区別されます。 大抵の場合、症状は指先のみにとどまって全身に拡大することはありませんが、発症部位が骨に近いため悪化すると骨髄炎に発展したり、リンパ管を経由して炎症が広がればリンパ管炎を起こしたりと、周辺組……

ひょうそ(化膿性爪囲炎)の詳細はこちら

蜂窩織炎(ほうかしきえん)

蜂窩織炎とは? 蜂窩織炎(ほうかしきえん)は、原因菌が皮下に入り込むことによって起こる感染症のひとつで、真皮深層から皮下組織・筋膜という深い部分で生じる急性化膿性炎症です。 主たる原因菌は、黄色ブドウ球菌と化膿レンサ球菌の2種類です。ほかにも原因となる細菌がいくつか確認されています。 症状としては、顔や足でよく見られ、患部はまだら状に赤く腫れたり、虫刺されのような赤いブツブツが広がったり、オレンジの皮のようなごつごつしたあばたが出てくることがあります。やや強く触ると痛みを感じたり、熱を帯びることも多いです。 蜂窩織炎で感じる痛みの原因は、細菌に感染したことそのもので起こるほか、体内に侵入してきた細菌に対して人体の免疫機能が攻撃することでも起こります。 蜂窩織炎を放置していると、リンパ節に炎症が生じたり、発熱・悪寒・倦怠感・関節痛・頭痛など全身の症状が現れる人もいるため甘く見ることのできない症状です。 なお、人から人へと移る病気ではありませんので、他人と接近することで感染するといった心配はありません。 蜂窩織炎の原因 蜂窩織炎の原因は、黄色ブドウ球菌と……

蜂窩織炎(ほうかしきえん)の詳細はこちら

しもやけ(凍瘡)

しもやけとは? しもやけ(凍瘡)は、寒い冬のシーズンや寒冷地域にいるとき、冷えによって血液循環が悪くなり、組織が炎症を起こす症状です。身体の一部が硬くなったり、皮膚が赤く腫れたり、熱を持ったりするのが特徴です。 手足の指先・鼻・耳たぶ・ほほなど、細い血管が集まる体の末端部でよく見られ、患部は赤紫色や黒っぽい紫色に腫れることがよくあります。むずがゆさや痛みを伴うことが多く、しもやけが悪化すると水ぶくれになったり、さらにそれが破れてじゅくじゅくした潰瘍ができたりするケースもあります。見た目は虫刺されや水虫、洗剤かぶれやひび・あかぎれにも似ているため、何の症状か間違いやすいところに注意が必要です。 入浴や暖房にあたっている時、また就寝時に布団に入って暖まっている時などは、血流が急激に改善されることによって、かえってしもやけのかゆみが強くなることがあります。 また、しもやけ自体が子どもに多い症状なのですが、その理由としては、子どもは大人に比べて発熱が少なく、また、体重に対して体表面積が大きいため体温が奪われやすいことが考えられています。大人と子どものどちらでも、しもやけの診療は皮膚科で……

しもやけ(凍瘡)の詳細はこちら

湿疹・手湿疹

湿疹・手湿疹とは? 皮膚がなんらかの刺激物質やアレルゲンと触れることで炎症がおきる状態を湿疹(接触皮膚炎)といいます。皮膚の紅斑、赤みや腫れに痒みやヒリヒリ感を伴うのが主な症状です。 日頃から化学薬品を扱う、水仕事をするひと、理・美容師、看護師、調理・炊事・皿洗い業で職業性皮膚疾患として手湿疹と診断されることが多いといわれています。20~30代前半の若年層に多く、その他に女性、アトピー性、接触皮膚炎が関連しています。 また、適切な治療、予防をすることで発症や重症化を避けることができます。様々な症状があるのでいくつかのパターンに分類することがあります。 角化型手湿疹 中年男性に多くみられる症状です。 皮膚の表面の角質細胞が、細かく剥がれ落ちる状態が手のひらにあらわれます。亀裂を伴うこともあります。 進行性指掌角皮症 指先や指腹が乾燥してざらつくようになります。指紋が無くなり、亀裂を伴うこともあります。 貨幣状型手湿疹 手の甲に貨幣大の円形の湿疹がみられます。 (強い痒み、刺激性皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎、アトピー型、どれからも症状の原因となります……

湿疹・手湿疹の詳細はこちら

いぼ(尋常性疣贅)

いぼとは? 「いぼ」にはウイルス性疣贅(ゆうぜい)、老人に多い脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)、首や脇のしたなどにできる軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)という柔らかいできもののことをさします。 このうち、多くはウイルス性疣贅であり、皮膚や粘膜にできますが、疣贅ができる場所により足底疣贅、爪囲疣贅など名前がつけられています。さらに、疣贅の中でも多いタイプをまとめて「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」、そうでないものは「特殊型」という名がつけられています。 この項ではいぼの中で皮膚科受診のきっかけとなることが一番多いウイルス性疣贅について扱います。 いぼの原因 疣贅の原因はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染です。 HPVも色々な型があり、尋常性疣贅はHPV2a/27/57 型の感染で頻度として一番多く、特殊型はヒトパピローマウイルスの中でも別の型が報告されています。 HPVはひとからひとへうつることが主な感染症であり、銭湯やジム、プールといった公共施設で間接的にうつることもあります。 症状や兆候 典型的な疣贅はみためで診断をつけるこ……

いぼ(尋常性疣贅)の詳細はこちら