一般皮膚科

皮膚のトラブルと上手につき合うお手伝い

イメージ

皮膚のトラブルは皮膚の病的変化であり、実にたくさんの種類が知られており、500種を軽く超える程とも言われます。原因も非常に多岐にわたり、外的因子によるもの、内的因子によるもの、老化によるものなど、至って多種多様です。なかには、決定的な治療法が無く、根気よくつき合っていく必要のある慢性疾患も少なくありません。しかし、個々のケースに応じて、スキンケアと軟膏などによる外用療法、内服療法等を適切に行うことによって、また時には薬を出すだけではないアプローチをして、より良い状態に導き、こうした皮膚のトラブルと上手につき合うお手伝いをいたします。

皆様の皮膚科「かかりつけ医」です

当院は、地域にお住まい・お勤めの皆様、子どもから大人までを対象にした皮膚科「かかりつけ医」でありたいと考えておりますので、どんな些細なことでも遠慮無くご相談ください。大学病院や総合病院の皮膚科で積んできた臨床経験を生かしながら、あらゆる皮膚トラブルについて、丁寧な診療をしていきたいと考えております。

一般皮膚科で診療する代表的な疾患

湿疹

湿疹とは、いわゆるプツプツやザラザラのことで、痒みや赤みを伴うことが少なくありません。原因としては、花粉、細菌、ハウスダスト、薬剤などの外的要因、およびアレルギー、発汗、皮脂の状態、内臓疾患などの内的要因が絡み合って発症すると考えられています。湿疹を繰り返したり慢性化させたりすると、皮膚ががさついたり、湿疹の痕が残ったりすることがありますので、早めに皮膚科を受診しましょう。

かぶれ(接触皮膚炎)

かぶれには、刺激性とアレルギー性の2種類があります。刺激性のかぶれは原因物質と接触してから割と早い時期に発症し、皮膚炎は接触部位に限られます。痒みは強くありません。初めて接触した物質で起こります。アレルギー性のかぶれは痒みが強く、接触部位以外にも皮膚炎が広がります。初めて接触した物質では起こりません。症状が酷かったり、原因が思い当たらなかったりするような場合は、皮膚科を受診しましょう。

蕁麻疹

丸っぽい形をし、少し盛り上がったみみず腫れが数分~24時間以内にできては消退していくような皮膚疾患を蕁麻疹と呼びます。多くは痒みを伴いますが、チクチクとした痛みや、熱く焼けつくような痛みが生じることもあります。蕁麻疹の原因は、飲食物や飲み薬、病原微生物の感染などいろいろです。蕁麻疹の検査にあたっては、皮内反応や血液検査IgE RAST法、血液検査などが行われます。蕁麻疹の治療には、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などを用います。薬を内服すれば、多くの人は数日で症状が治まりますが、医師の指示に従って飲み続け、徐々に減薬していくことが大切です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、慢性的に経過する湿疹(皮膚炎)で、痒みを伴います。その根本には、皮膚の乾燥とバリア機能の異常があり、そこに様々な刺激やアレルギー反応が加わることによって発症すると考えられています。アトピー性皮膚炎は慢性疾患なのですが、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏などによる薬物療法、および適切なスキンケアを行うことによって、できるだけ保湿剤のみでコントロールしていくことを目指して治療していきます。

虫刺され

虫刺されとは、虫に刺されたり、接触したりした箇所に生じる赤みを伴う発疹のことで、痒みや痛みなどの炎症症状がみられます。蚊、ブヨ、アブ、ハチ、ノミ、ダニなど、身近な虫が原因となることが多いため、完全に予防するのは難しいところです。治療は、症状が軽ければ市販の痒み止めでも間に合いますが、痒みや赤みが酷い場合はステロイド薬が必要です。症状が強い場合は、皮膚科を受診しましょう。

乾燥肌(乾皮症)

皮脂および汗の分泌が減少して、皮膚が異常に乾燥している状態を乾燥肌(乾皮症)と言います。症状としては痒みが強く、特にお年寄りの下腿・大腿・わき腹に顕著に認められます。湿度が低下する冬季に多く見られる傾向があります。
原因としては、皮脂の欠乏によって皮膚のバリア機能に障害が起こり、皮膚表面からの水分の喪失が多くなるため、皮膚が過敏になって、痒みが生じます。
住環境や入浴時間・湿度、石けん類の使用などのライフスタイルも関係してきます。
乾燥肌の治療としては、皮膚の乾燥が基本にあるため、まずは皮膚のバリア機能を回復させるためのスキンケアが重要です。入浴後は、皮膚がまだ乾かないうちに、保湿剤を万遍無く、十分に塗ると良いでしょう。皮膚炎を起こしている部分には、弱いステロイドの塗り薬を併用すると、より効果的です。痒みのせいで寝つけないような場合は、痒み止めとして抗ヒスタミン薬を用いたりします。

乾癬(かんせん)

乾癬は慢性の皮膚疾患で、典型的な症状としては、まず皮膚が赤くなって盛り上がり(紅斑)、徐々にその表面が銀白色の細かいかさぶたで覆われ、やがてそれがフケのように剥がれ落ちてきます。紅斑の大きさや形は不揃いで、痒みは約半数の患者さんにみられます。他人にうつることはありません。乾癬の根本的な治療法はまだ見つかっていませんが、適切な治療を行えば、症状をうまくコントロールすることが可能です。

にきび

にきびの始まりは、皮脂の分泌過多と毛穴の詰まりです。皮脂が毛穴に溜まった状態がにきびで、内部は皮脂が豊富で酸素が少なく、アクネ菌が増えやすい環境になっています。アクネ菌は常在菌ですが、数が増えると炎症を起こして赤くプツプツしたにきびや膿をもつにきびを引き起こします。アクネ菌や炎症に効果的な抗生物質の内服薬と外用薬で治療します。

酒さ

30歳代から誘因なく顔面が左右対称性に赤くなります。紫外線・ストレス・寒暖の差などで悪化し、経過は数ヶ月から数年続き軽快と再燃を繰りかえす慢性疾患です。男女差はなく原因は不明で遺伝的要因が関与しているといわれています。

静脈瘤

下肢静脈瘤とは、静脈内にある血流を支える弁が壊れ、足の血液が停滞して溜まり、足の静脈血管が浮き出てきて凸凹と目立つようになる症状のことです。放っておくと、足のだるさやむくみ、かゆみや湿疹となり、最終的には出血、潰瘍にまで発展します。予防や悪化を防ぐために弾性ストッキングの着用をお勧めします。

しもやけ

手・足いずれの指にも発症し複数の指にまたがることもあります。ビタミンEの内服や外用にて対処可能ですが、これらが無効な場合には膠原病や閉塞性動脈硬化症などの血管疾患も考慮しなければなりません。

水虫(白癬)

水虫は正式には足白癬と呼ばれ、足に起こる白癬のことです。白癬とは皮膚糸状菌(白癬菌)という真菌(カビ)によって生じる感染症で、多くは家庭内の足拭きマットやスリッパなどの共用によってうつります。角層(皮膚の一番外側)に感染した白癬は、抗真菌作用のある塗り薬をつけていれば治りますが、角層が肥厚している角質増殖型と呼ばれるタイプや白癬菌が爪に寄生している場合には、内服薬を用いることもあります。顕微鏡の検査をして診断します。

いぼ

いぼは、皮膚から盛り上がっている小さなできもの全般を指す俗称であり、専門的に言えば、様々な皮膚疾患を含んでいます。ごく普通のいぼは、ウイルス(HPV)感染によるもので、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)と呼ばれます。ウイルスが原因ですから、うつる可能性があります。いぼの治療には、液体窒素を用いた冷凍凝固療法やモノクロロ酢酸(mch)という薬剤を使った治療を行っております。モノクロロ酢酸(mch)塗布による痛みは少なく、個々の患者さんに適した方法が選択されます。

ほくろ

医学的には色素性母斑と呼ばれ、良性の母斑細胞(ほくろ細胞)の集合体です。メラニン色素を含むため、褐色・茶色・黒色などの色をしています。生まれつきあるものと成長の途中で出現してくるものとがあり、また平らなものから隆起したものまで様々です。大きさは直径5ミリ以下であることがほとんどで、それ以上の大きさで、しかも次第に大きくなってくるようならメラノーマ(悪性黒色腫)の可能性も考えられ、要注意です。
悪性の場合もありますので、ご心配な場合、一度ご相談にしらして下さい。ダーマスコープを使い、悪性でないか確認します。

粉瘤

粉瘤(ふんりゅう)はアテロームとも言い、皮膚の皮が毛穴の奥で袋を作ってしまい、中に老廃物や皮脂が溜まった半球状の腫瘍で、中央部には黒点状の開口部があります。強く圧迫すると、開口部から臭くてドロドロした内容物が排泄されるケースがあります。
耳のまわり、耳たぶ、鼠径部(そけいぶ)、背中などによくできますが、毛穴がある場所なら、どこに生じてもおかしくありません。
いつの間にかできて、自然に小さくなることもありますが、少しずつ大きくなって目立ってくるケースもあります。また、ある時、突然赤くなって腫れ、痛みが出て粉瘤のまわりに急に化膿や炎症を起こすケースもあります。炎症を起こして、はじめて粉瘤に気づいたりもします。
粉瘤が化膿を伴っている場合は、まず化膿の治療を行います。抗生剤の内服を行い、膿が溜まっている時は、局所麻酔をして切開の上、膿を出します。内服薬で症状が治まってくれば、そのまま小さくなるまで様子を見ます。切開排膿後は、消毒は行わず、膿が出なくなるまで、局所の洗浄を続けます。

たこ・魚の目

たこやうおのめは、足の特定の場所に継続的に圧力がかかって発症します。 たこは皮膚の表面の角質が部分的に肥厚したもので、痛みはありません。うおのめは肥厚した部分にさらに圧がかかり硬くなり、芯をもっているため、歩くたびに刺激されて痛みがあります。
また、足の裏によくできるのが足底疣贅(そくていゆうぜい)というイボで、これをうおのめと勘違いすることがあります。しかしこれは、イボウイルス性の腫瘍であり、知らずに削って広がることもありますので、この鑑別をきちんとするためにも受診をお勧め致します。

巻き爪・陥入爪

巻き爪とは、足指の爪先端が内側に向けて湾曲し、巻き込んだ状態のことです。時には炎症を伴い、激しく痛むこともあります。こうなると靴が履けなくなったり、爪がうまく切れなくなったりします。痛みがひどいと、正しい姿勢で歩けなくなり、肩こりや腰痛などを招くこともあります。また、爪の両端が指の肉に深く食い込んだ状態を「陥入爪」と言います。食い込んだ周囲には、よく痛みや赤み、炎症がみられます。雑菌が侵入して化膿を起こすこともあり、すると痛みはいっそう強くなります。
巻き爪・陥入爪の原因としては、パンプスやヒールなどの先端が細い窮屈な靴、不適切な爪の切り方(深爪)、つま先に大きな負担のかかる運動やスポーツ、加齢による爪の肥厚と乾燥などが挙げられます。

帯状疱疹

帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルスの感染によって発症しますので、水痘(水ぼうそう)を経験した人にだけ起こります。水ぼうそうが治った後も、ウイルスは体内の神経節に潜んでおり、加齢や疲労、ストレスなどが引き金となってウイルスに対する抵抗力が低下すると、潜伏していたウイルスは再び活動を始めて増殖し、神経を伝って皮膚に達し、帯状疱疹として発症します。このとき炎症は、皮膚と神経の両方で起こっています。
症状はピリピリした痛みや皮膚の違和感から始まり、しばらくするとその部分が赤い斑点になり、やがて帯状の水ぶくれになって、神経痛のような強い痛みを伴うようになります。体に帯状疱疹ができた場合は、体半分の肋骨に沿って水ぶくれや赤みが帯状にみられます。
帯状疱疹の治療には、ウイルスの増殖を阻止して治癒を早める抗ウイルス薬や対症療法として消炎鎮痛薬が用いられます。早めに服用することが大切です。

AGA(薄毛・抜け毛)

男性の薄毛は、「男性型脱毛症」(AGA:androgenetic alopecia)、通称「薄毛症」と呼ばれ、日本の成人男性の4人に1人が薄毛症と言われます。薄毛症は遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。生え際や頭の上のほうで抜け毛が多くなり、薄毛になってしまう症状です。
当院では、医療機関しか処方できない「飲む薄毛治療薬(プロペシア)」を使用し、薄毛症の治療を行います。日本皮膚科学会が発表した「男性型脱毛症治療のガイドライン」では、「飲む薄毛治療薬(プロペシア)」の有効成分フィナステリドは、ミノキシジルとともに最高の評価を得ています。

円形脱毛症

自覚症状などが何も無く、ある日突然、頭にコイン大の丸い脱毛斑が生じる疾患です。脱毛斑は一ヶ所とは限らず、多発することもあります。時には頭全体の毛が抜けたり、全身の毛が抜けることもあります。原因は成長期にある毛包(毛根を包む組織)がリンパ球の攻撃を受けて壊されてしまうからであり、毛包を標的にした自己免疫疾患と考えられています。したがって、リンパ球の攻撃が抑えられれば、元通りの毛が生えてきます。かつては、精神的ストレスが主な原因と考えられていました。確かに何らかのストレスがかかった時に脱毛が始まる人もおられます。しかし、多くは、ストレスとは関係無く発症します。円形脱毛症の頻度は、人口の1~2%と推測され、男女差は見られません。

フケ症(脂漏性湿疹)

フケ症(脂漏性湿疹)は、細かく白い米ぬか(粃糠)のような角質片が多量に頭皮から剥がれ落ちてくる皮膚疾患です。思春期以降から始まり、40~50代になると自然に症状が治まってくることが多いようです。
症状としては、軽度から重度までありますが、軽度の場合は髪の毛を櫛で梳かした際などにパラパラと肩のあたりに落ちてくる程度です。しかし、重度になると、枕元も白くなり、部屋じゅうにフケが落ちてしまうほどになります。また痒みを伴うこともあり、痒いからと言って指先で頭皮を掻いて刺激すると、もっと多くのフケが落ちるようになってしまい、悪循環に陥ります。痒みがひどくなると、頭皮が赤く炎症を起こしたり、また脱毛を伴ったりするケースもあります。症状がひどいようなら、皮膚科を受診して、きちんと治療を受ける必要があります。

単純ヘルペス(口唇、陰部) 

ヘルペスウイルスの感染で起き、顔にできるⅠ型と外陰部・臀部にできるⅡ型のウイルスの2種類があり、初感染で口内や外陰部に発疹ができたときは高熱と激痛があり、つらくなります。
ヘルペスの治療は、抗ウイルス剤の内服と外用を行いますが、いったん体内に入った単純ヘルペスウイルスを完全に排除することはできません。しかし、薬を用いることによって、ウイルスの増殖を抑えることは可能です。適切な処置をするのが早ければ早いほど、症状は軽くすみます。
陰部は、湿疹・真菌などの感染症、腫瘍などもありますので、見せにくい部位も、見せて頂くことによって解決することが多くあります。恥ずかしいからと言って症状がひどくなる前に一度お気軽にご相談ください。

蜂窩織炎

皮膚の下に細菌が感染して腫れる疾患です。激しい疼痛を伴います。多くの場合抗生剤と痛み止めの内服で治療しますが切開して膿を出す処置が必要な方もまれにいます。
また時々痛風の発作と鑑別が必要になります。

ひょうそ

ひょうそとは、手足の爪周囲の小さな傷から細菌などが入り込み、炎症が生じている状態で、正式には化膿性爪囲炎と言います。傷やかぶれ、巻爪などが原因となります。爪の周囲が赤く腫れて痛み、炎症が進むと膿が溜まったり、指先の関節が腫れて曲がらなくなったりすることもあります。治療としては、原因菌に適した抗菌薬の塗り薬や内服薬を使用します。膿が溜まって白くなっているようなら、切開のうえ膿を出すこともあります。

多汗症

多汗症とは手足やわきの汗が通常の人よりずっと多く、そのために生活に支障をきたしている状態です。「紙に何かを書いていると、紙が湿ってよれよれになってしまう」「足から汗がいっぱい出て、嫌な臭いがする」「わきの汗が多く、冬でも衣服がぬれてしまう」――こうした症状でお困りの患者さんが少なからずいらっしゃると思います。当院では、まずは塩化アルミニウム外用療法から行います。

けが・やけど(湿潤療法)

創傷(体表の外傷)処置には湿潤療法も取り入れています。傷口を水で洗い流し、保湿剤を塗った後に被覆材で覆う治療です。従来の治療では再生が遅く、消毒液が元気な皮膚までをも傷めていましたが、湿潤治療は傷口から出てくる滲出液を封じ込め、湿った状態で治すため、そうした弊害が少なくて済みます。 治りも速く、より綺麗に皮膚が再生されます。